[イベント]2012.2.10

山梨・甲府:“Outsider Brewery”の始まり – 02

アウトサイダーブルワリーブルワー丹羽智新規ブルワリー

山梨・甲府:“Outsider Brewery”の始まり – 01の続き:
「アウトサイダーブルワリー」は、オーナーのマーク・メイジャーさんが日本地ビール協会のメールマガジンにブルワーを募集したことから始まった。その声に応えたのが、博石館ビールで約13年、いわて蔵ビールで約2年、クラフトビールを造り続けてきた丹羽智さんだ。自然酵母を使ったビールをはじめ、独自のスタイルを追究し完成度を高めてきた。

「博石館ビールは1994年の酒税法改正を機に、立ち上げから関わりました。いわて蔵ビールで、念願の発泡酒造りに携わることができた。ベルジャンスタイルのビールを造るのが僕の目標でしたから。100L単位での醸造ノウハウも得られ、スキルアップできたと思っています」(丹羽さん)

2月25日(土)、山梨県甲府市中心街の「桜町通り」に、アウトサイダーブルワリーと、同ビルの2階にあるビアバー「ホップス・アンド・ハーブズ」がオープンする。常時用意するビールは以下の予定:

■常時用意する6種類
・ビターラガー
・ペールエール
・オーストラリアンIPA
・トリペル
・ベルジャンホワイト
・インペリアルスタウト
*オープン当初はビターラガー、オーストラリアンIPA、インペリアルスタウトの3種類*
*上記6種類のほか、毎月シーズナルを提供予定*

「オーストラリアンIPA」はオーストラリア産のホップを使用したIPAだ。オーナーのマークさんがオーストラリア人というご縁で、丹羽さんはオーストラリアのものを使えないかと探してみた。すると、丹羽さん曰く「面白いホップ」があったという。ビールのα酸(苦味成分。抗菌性や泡持ちにも役立つ)値が高いホップだ。苦みを出すのにうってつけだった。柑橘系の香りを持つものもある。

「アメリカンスタイルとはまた違った、ユニークなビールができますよ」■(03へ続く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。