[イベント]2012.3.23

山梨・甲府:“Outsider Brewery”の始まり – 04

アウトサイダーブルワリー

山梨・甲府:“Outsider Brewery”の始まり – 03の続き:

アウトサイダー ブルワリーは、2月25日に無事オープンした。その模様を、グッドビアクラブ(GBC)山梨支部 支部長 和田 幸士さんにレポートしていただいたのでご紹介しよう。

2月25日、開店の日にお邪魔してきました。
今回は、3種類が用意されていました。
「インキーパ・ビッター・ラガー」(Alc.6%)、「バンイップ・オーストラリア・IPA」(Alc.6.5%)、「ザ・ダークサイド・インピリアル・スタウト」(Alc.8%)です。

ラガーの「インキーバ」は、酒屋や宿屋の主人(マスター)という意味で、上位に位置しますよ、ということではないでしょうか。モルトの香りがし、コクがあり、良い苦味が感じられます。
IPAの「バンイップは、アポリジニの妖怪という意味らしいです。どんな妖怪か、飲みながら想像すると楽しいですね。ホップにオーストラリアのカスケードを使用しているとの事です。甘い香りがし、苦味は強いのですが、優しさも感じます。
スタウト、「ダークサイド」の意味は何となくわかる様な気がします。ローストバーレーの良い香りがし、フルボディと、アルコールの8%は飲み応えはあります。
料理も色々と美味しい物がありましたが、とりわけ「わさびピザ」は、ちょっと面白い味でした。■


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。