[イベント]2012.5.1

「COEDO 伽羅」リニューアル、店頭販売開始

以前にもお伝えしましたが、「COEDO 伽羅」がリニューアル
5/1、一般小売りが開始されました。

以下、インフォメーションです。

株式会社協同商事 コエドブルワリー代表取締役社長兼CEO朝霧重治は、2012年5月、5銘柄*で展開しているコエドビールの一種、「伽羅」の味をリニューアル、全国発売を開始します。

2010年9月より製品開発に着手、完成までに1年半の月日を要しました。

どのようなお料理にも合う伽羅の良さはそのままに、より個性を際立たせ、薫りや味わいが更に豊かになりました。

赤みがかった深い黄褐色、伽羅(きゃら)色のビールは、白葡萄やスパイシーな柑橘を感じさせるアロマホップが香り、鮮やかで綺麗な苦味とともに口の中に広がります。6種の麦芽の配合と、やや高めのアルコール分が、味の膨らみと丸みあるミディアムボディを織り成しています。低温発酵ラガー酵母による、飲み応えがありながらも切れていく、心地よい後味です。きめ細やかな泡立ちの奥に潜む濃厚で滑らかな味わい、しっかりとしたボディの伽羅は、ゆっくりと時間をかけて楽しむのに最適なビールです。

ビールの個性を楽しみつつも、香り、味わい、のど越しの繊細なバランスを取ることが、COEDOのビール職人達の醸造哲学です。

Beer Beautifulの世界観を堪能いただきたい、それがコエドブルワリーの願いです。

原材料:麦芽、ホップ
アルコール分:5.5%
IBU:35

発売日:2012年5月1日(火)

価格:333mlボトル 280円、350ml缶 280円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。