[ブルワー]2012.7.4

ピルスナー・ウルケル工場見学(7)

チェコピルスナーピルスナー・ウルケルピルゼン

前回、開放型の樽で醗酵しているビールまでたどり着きました。
かつてはこうして地下で醗酵、熟成が行われていましたが、現在では見学ツアー用にだけ残されています。

奥に進むと熟成樽がずらりと並んでいます。

そしていよいよクライマックス!
樽から直接ピルスナー・ウルケルを注いでもらいます。

これが無濾過のピルスナー・ウルケル。
濁りのあるゴールドで、苦味、コクともに強く重厚感たっぷり。
あと味にも強い苦味が続きますがこれがまた心地よい!
雰囲気分を差し引いても実に素晴らしい味わいでした。

参加者みんなで和気藹々ビールを楽しみます。
まさに国境を越えたビールによるコミュニケーション。
ここまでくればツアーもあと一息。

かつては地下室を氷で冷やしていたのですが、ここが地上から氷を投入したところ。
「上に上がったら、この穴がどこにあるか当ててみて。」とガイドさん。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。