[イベント]2012.7.18

ビール醸造博物館(ピルゼン)

ビール博物館ピルスナ・ウルケルピルゼンプルゼニュプルゼニュスキー・プラズドロイ

プルゼニュスキー・プラズドロイ(ピルスナー・ウルケル)醸造所を出て、今度は同じくプルゼニュにある、ビール醸造博物館に向かいます。
近いと思って歩き出したものの、なかなか目的地にたどり着くことができず、途中で地元の人や警察官に道を尋ねますが、あまり知られていない様子。
結局たどり着くまでに30分近くかかってしまいました。

受付で入館料100コルナを支払うと、「あなたは日本人?」と聞かれたので、「そうです」と答えると、日本語のパンフレットを渡してくれました。
このパンフレットにしたがって進んでいけば簡単です。
実は醸造所で支払った撮影代100コルナはここでも共通なので、緑のカメラシールを見せればここでも撮影することができます。

15世紀の製麦所を改装して造られた博物館では、プルゼニュでのビールの歴史や醸造についての資料を見ることができます。
かなり盛りだくさんなので、しっかり時間をとって訪れたほうが良い感じです。
(僕は時間がなかったのであわてて回ってしまいました)

もう帰りの列車まであまり時間がなかったのですが、入館料に含まれている、しかも無ろ過のピルスナー・ウルケルをどうしても飲みたくて、併設のレストラン、「ナ・パルカーヌ」へ。

店内の様子。
平日の昼間なのにかなりにぎわっています。
カウンター席を確保していざ。

ここで飲むことのできる無ろ過のピルスナー・ウルケルは最高でした!
さっきの醸造所での雪辱を晴らすことができました。
まだゆっくり何杯も楽しんでいたい、と思いましたが、列車の時間がギリギリです。
1杯飲み終えるとダッシュで駅に向かいます。

本来、写真を撮ってる場合ではありません!
なんと駅に着いたのが発車の時刻ギリギリ。

女性の駅員さんに言うと、乗る予定の列車の車掌に無線連絡してくれ、なんと間抜けな日本人のために待っていてくれました。
列車に飛び乗った瞬間にドアが閉まって発車!
いやー、ありがたかったです。
プルゼニュ駅の駅員さん、すいませんでした。

ここまで全力疾走したのも本当に久しぶり。
しばらく息が上がったままでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。