[イベント]2010.10.25

秋こそボック

 10月も残り少なくなり、「そろそろツィードを着ようかな」と思う季節に飲みたくなるビールがボックである。
 ボックは下面発酵のハイアルコールビール(アルコール度数6%~さらに高いもの)で、春に飲まれるビールというイメージがある。しかし、個人的には秋こそボックの季節だと思っている。それは、ボックが秋の味覚によく合うと思っているからだ。
 ボックの特徴を一言で表現すると「モルティーなビール」である。麦芽の馥郁たる風味こそボックの魅力だ。軽くトーストしたパンを思わせる香りは、「ビールは麦の酒だ!」と感じさせてくれる。そして、その豊かで深みのある味わいが秋の食材とマッチするのだ。
 特によく合うのがキノコやサーモンや栗。キノコをサッとバターで炒めたり、サーモンのムニエル、栗のリゾットなどとの相性は言うまでもないが、キノコ鍋や鮭の幽庵焼き、栗御飯といった和食にも合うので是非トライして欲しい。そして、さらにお薦めなのが柿やブドウといった果物とのペアリング。果物を肴にビールを飲むというのはちょっと「?」と感じる人もいるだろうが、まーいっぺんやってみてください。やみつきになるはずである。干し柿やレーズン、干し芋といったドライフルーツとも相性抜群である。

トラディショナル・ジャーマンスタイル・ボック
 モルトのキャラクターがしっかりしていて、ミディアムからフルボディの下面発酵ビール。ホップのキャラクターは低く(フレーバーは低、アロマは非常に低いといったレベル)色合いは濃い銅色から濃い茶色。
*明るい麦わら色から濃い黄金色までの色合いを持つジャーマンスタイル・ヘレス(ドイツ語で”薄い”という意味)・ボック、さらにアルコール度数の高いドッペルボック(8%程度)やボックを凍らせて氷を取り除くことによってアルコール度数を上げるアイスボック(なかには14%ほどあるものある)といったサブカテゴリーがある。
*ボックの名前はドイツのアインベックという町で生まれたビールなので”アインベック”が訛ってボックとなったという説が有力だが、発音が”雄ヤギ”と同じなので「ヤギのキックのように強いビール」から名が付いたとの説もある。そのため、ボックのラベルにはヤギのキャラクターが描かれているものが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。