[イベント]2010.11.1

ニッポンクラフトビアフェスティバル2010

 前日に台風が東京南沖を通過し、なおも居残る前線が霧雨を降らすという天候の10/31(日)、すみだリバーサイドホールでニッポンクラフトビアフェスティバル2010がおこなわれた。会場には40の醸造所から50を超える銘柄のビールが集まり、おおいに賑わった。
 ニッポンクラフトビアフェスティバルは志の高いブルワリーが集まることで評判だが、加えて「ブルワー(醸造者)自身が会場にいる」ということも人気のひとつである。会場の至る所でブルワーとビアファンが交流するシーンがみられた。毎年ブルワーは揃いのTシャツを着ているのでわかりやすいが、今年はピンク。よく目立ち、わかりやすかったと評判だった。

 会場の一角では「日本ビアジャーナリスト協会」もブースを出し、セミナーホールでは講演も行った。
 他にもユーストリーム「藤原ヒロユキBeer マニア」の生中継もおこない、多いに盛り上がった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。