[イベント]2012.8.29

9/28(金)~30(日)「第2回一関地ビールフェスティバルin横浜」開催

「第2回一関地ビールフェスティバルin横浜」開催

2012年9月28日(金)・29日(土)・30日(日) 、横浜みなとビアガーデンで「第2回一関地ビールフェスティバルin横浜」が開催されます。

本イベントは、日本最大級の「地ビールフェスティバルin一関」を一関以外で開催するものです。
第2回を迎える今年は、岩手県一関市の地ビール会社や畜産業者なども主催者メンバーに加わり、岩手県を中心とした東北の地ビールや、地元で生産・加工された新鮮なお肉(牛・豚・鶏)を使用したバーベキュー・軽食のほか、地元料理も提供されます。

以下、インフォメーションです。

「第2回一関地ビールフェスティバルin横浜」開催

岩手・一関の食産業者も加わり、東北の地ビール&地元生産の肉料理を提供!
2012年9月28日(金)・29日(土)・30日(日) 横浜みなとビアガーデン

このたび、2012年9月9月28日(金)・29日(土)・30日(日)の3日間、横浜みなとビアガーデン(横浜市中区北仲通5)にて『第2回一関地ビールフェスティバルin横浜』を開催することとなりました。

本イベントは、日本最大級の「地ビールフェスティバルin一関」を一関以外で開催するもの。第2回を迎える今年は、岩手県一関市の地ビール会社や畜産業者なども主催者メンバーに加わり、岩手県を中心とした東北の地ビールや、地元で生産・加工された新鮮なお肉(牛・豚・鶏)を使用したバーベキュー・軽食のほか、地元料理を提供します。

主催者メンバーの中心であるベルギービール専門店「デリリウムカフェ(東京都)」は、『ビールを通じた、継続的な被災地支援の形』として、本イベントを企画しました。第2回目の出店ビールの銘柄数は、本場の一関ビアフェスの規模には達していませんが、「思いを実行に移し、継続して支援を続ける」ことが大切だと考えています。

期間中提供されるお肉は全て、一関市内で生産・加工されたお肉。牛肉に関しては、全頭自主検査をし、放射性物質が未検出であった黒毛和牛「門崎丑(かんざきうし)」のみを使用。その他東北産のお肉を中心とした料理が満載。イベント最終日には、「門崎丑」の部位をまるまるいただけるバーベキューも開催します。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


「ビアジャーナリスト・アカデミー」第一期生募集中!
  詳しくは”こちら”まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。