[テイスティング]2010.11.12

ベーゲダル・ビール

BØGEDAL(ベーゲダル)ビール
(英語表記:BOEGEDAL)

デンマークの小さな村で年間3万本しか醸造されていない稀少ビール。
醸造過程で温度管理を行わず、ポンプ類も一切使わないという「古典的手法」によって造られている。
同じレシピで造られていても仕込みごとに味わいが変わる(温度管理などをおこなっていない)ため、銘柄名は“ロットナンバー”で表示される。
同じナンバーのロットは700本しかないという一期一会のビールである。

BOEGEDAL  No.214

濁りあるオレンジ色。
ホップの香りが華やかで、清々しくみずみずしい柑橘系フルーツを思わせる。
苦味も印象的で心地よい。
アルコール度数7.5%を感じさせない口当たりの良さ。

チキン料理、シーザースサラダ、オレンジタルト、コーン、アスパラガス、オリーブオイル、ゆず味噌、湯豆腐、ミモレットチーズ、ゴーダチーズなどに合う。

BOEGEDAL  No.217

色は非常に濃いマロンブラウン。
モルトの甘い香りとイーストの醸しだす芳醇な香りがバランスよく漂う。
こうばしい味わいとチョコレートやブラウンシュガーを連想させる甘味とともにオレンジ・フレーバーが顔を覗かせる。
フルボディでリッチな飲み応えが高い満足感を与えてくれる。
アルコール度数7.5%。

ローストビーフ、ジビエ料理、エビ・甲殻類、チョコレートムース、ブラウンソース、バルサミコ酢、赤味噌、すき焼き、スモークチーズ、ブルーチーズなどに合う。

輸入元 Jena
成城石井、目白田中屋、ビアハウスKEN、すがや、輸入酒のひららなどで販売だが在庫が無くなりしだい終買。両方とも次の輸入を待つしかない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。