[イベント]2012.10.19

日経トレンディネット、「“ビール離れ”なのに「ビールフェス」が大盛況なのはなぜ?」

日経トレンディネットの2012.10.18に「“ビール離れ”なのに「ビールフェス」が大盛況なのはなぜ?」というタイトルの記事が載っている。

内容は、オクトーバーフェストの盛況を紹介しており、全文は以下でご覧いただける。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20121016/1044599/?ST=life&P=3

私自身も今年はオクトーバーフェスト各会場を回ってみたが、出店社も来場者もみんな楽しそうにしているのが印象的だった。(ドイツのビールメーカーも「日本でこれだけ多くのドイツビールが消費される」ことを喜んでいるに違いない。)
都内はもちろん、地方の会場などはまだまだ“のびしろ”を感じるので、来年は各会場ともさらに賑わう予感がした。会場数も増えるのではないだろうか?

個人的な感想だが、本場ドイツのオクトーバーフェストよりも日本のオクトーバーフェストのほうが“さまざまなビールが楽しめる”という点では優れていると思う。
ドイツのオクトーバーフェストは大規模で楽しいが、ビールは“オクトーバーフェストスタイル”と呼ばれるビールが1種類で、サイズも1リットルジョッキしか用意されていない。(テントの外でボトルビールを買うことはできるが)
それに対して、日本のオクトーバーフェストはヴァイツェンやデュンケル・ヴァイツェン、シュバルツ、へレス、ジャーマン・ピルスナーと様々な種類のビールを選択することが出来る。会場によっては日本のクラフトビールメーカーが造るベルジャンスタイルホワイトエールやアメリカンスタイル・ペールエールなども飲むことが出来るのだ。
サイズも300mℓ、400mℓ、420mℓ、500mℓ、1ℓと選べるから安心だ。(全ての銘柄ですべてのサイズが揃っているわけではない。会場やブースによって違う)
料理のバリエーションやポーションも選択肢が多い。


横浜オクトーバーフェスト会場


神戸オクトーバーフェスト会場


豊洲オクトーバーフェスト会場

他にも、仙台、芝公園、お台場、大阪にも行ってみたが、どこも素敵な場所で心地よくビールが飲めた。

年内も、11/30(金)~12/2(日)に東京ドームで開かれる「スーパーオクトーバーフェスト2012」が残っており、非常に楽しみである。

日本では、「オクトーバーフェスト」という言葉はすでに「10月のお祭り」ではなく、「ビール祭り」という言葉になりつつあると感じる。
もはや「美味しいビールが楽しく飲めるなら何月でもイイ!」ということだろう。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。