[イベント]2010.12.14

ビール広告、撮影の話ー2

前回に続きまして、ビール広告撮影の話。

その「アートマイザー」ですが当たり前だけど別に
冷たくなんかない。
油なのでぬるっとしています。
瓶や缶に吹きつけた後、そこを触ったりすれば、
べとっと跡がつきもう復旧不可能で、その仕込みはパー。。。
新しい物かいったんすべてきれいにふき取ってやり直し。
これは普通の水滴と同じです。

では触らなければ万事オッケーかというとさにあらず。
旨そうに見える水滴を吹きつけるのって、一筋縄ではうまくいかない。
強くプッシュすれば水滴は細かくなりすぎたり、
弱すぎると大粒でぼとっとついたりします。

写る部分しか吹きかけませんが、それでも
左右で粒の大きさが違っているとおかしいでしょう。
まあ、雑誌のタイアップ撮影程度でもかなり時間かかります。必死です。
またグラスの場合は、泡が強敵!

お酒全般のタイアップ記事を担当した中で
ビールでしっかり撮影したのを覚えているのは
いまはなきサントリー「ビア吟醸」と、
キリン「一番搾り」が出た時ですね。
キリンは、しろあがり寿さんが、
宣伝部デザイナーとしてラベルを担当してたんですよ。
ってな話などまた次回に続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

002石黒 謙吾

この記事を書いたひと

石黒 謙吾

著述家・編集者・日本ベルギービールプロフェッショナル協会 理事

1961年 金沢市生まれ。
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、『2択思考』『分類脳で地アタマが良くなる』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『CQ判定 常識力テスト』など著書多数。三輪一記氏と共著に『ベルギービール大全』『ベルギービール大全<新>』がある。プロデュース・編集した書籍も、『ジワジワ来る○○』シリーズ(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)、『凄い! ジオラマ』(情景師アラーキー)など、ジャンル多彩に200冊以上。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。