[イベント]2010.12.22

ホットビール

クリスマスビールグリュークリークベルギービールホットビールリーフマンス

先週クリスマスビールについて書きましたが、この時期に忘れてはいけないのがこちらも冬季限定のホットビール。
ドイツやフランスなどで飲まれるグリューワイン(Glühwein)のビール版で、わかりやすく言えばお燗するビール。
ベルギーではクリスマスマーケット(写真はティママンの屋台にて)などで一杯ずつ提供しており、屋外で冷え切った体を温めてくれます。

日本で飲むことのできるホットビールといえば、リーフマンス グリュークリーク。
リーフマンス醸造所は2007年末に倒産してしまったためしばらく入荷がありませんでしたが、現在はデュベル・モルトガット社の傘下に入り、再び日本にも入ってくるようになりました。

グリュークリークは、煮沸時にアニス、シナモン、クローヴの3種類のスパイスを投入し、その後スタンダードのクリークとブレンドして造られます。
飲用温度は50~60℃が最適。(70℃くらいでもOK~日本酒で言うところの熱燗から飛び切り燗)
グリューワインによくあるような甘過ぎの感が無く、心地よい酸味があって飲み飽きしません。
後味もバランスよく長く続きます。

温度の低い時にはスパイスのシャープな香りが際立っていますが、温度が高くなるにつれスパイスとクリークの香りがバランスよくまとまります。
寒い夜には最適のビール。
未体験のかたはこの冬にぜひ一度飲んでみてください。

ホットビールの紹介はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。