[イベント]2013.1.2

クラフトビールとは?その②の①:クラフトビール=小規模か?

2013年冒頭に、「クラフトビールとはなにか?」について考えてみた。
本日から3日間、コラムとして掲載してみたい。

『クラフトビールとは?その②の①:クラフトビール=小規模か?』~藤原ヒロユキ~

アメリカで「クラフトビールの定義」についてちょっとした騒動(?)が起きた。

ことの発端は、アメリカの「ブルワーズ・アソシエーション(以下BA)」が自ら決めた『クラフトビールの定義』に『該当しない醸造所』をリストアップしたことにある。

これに対して、『クラフトビールではないと名指しされた醸造所』が反論し、ビア・ファン達からも様々な意見が寄せられたのだ。
ちなみに現在、BAの『該当しない醸造所』リストは削除されている。

BAとしては、クラフトビール界に大手ビールメーカーの参入が増えることを懸念したためと考えられるが、はたしてその考え方自体、是なのだろうか非なのだろうか? 
そして、これは単なる“対岸の火事”に過ぎないのだろうか?

BAが発表した『クラフトビールの定義』に関しては、JBJAサイトの2013.10/16付けコラムにも書いたが、複雑な事情が絡みあっていることは事実だ。
特に日本にはそのまま当てはめるわけにはいかない個所が多々ある。

そんななかで、日本国内にも「クラフトビール」という言葉が広まりつつあるのが現状だ。
今年もさらに、広まっていくだろう。

はたしてクラフトビールとは、なんなのか? 
なにをもってクラフトビールとするのか?

先日、あるクラフトビール関係者と「クラフトビールの定義とは?」について語る機会があった。
彼は「クラフトビールとは大手ビール以外」と言うので
私は「じゃぁー、アサヒ・スタウトはクラフトビールじゃないの?」と尋ねると、しばらくの沈黙の後「クラフトビールだね…」と答えた。
彼がヒステリックなビア・ギーグではなく、良識あるビール関係者であることに安心した。
アサヒ・スタウトが、日本が世界に誇る“工芸的ビール”であることは間違いない。

クラフトビールの定義に「大手以外」という線引きをすることは、十数年前に「地ビールは癖があって飲みづらい」と拒絶した“旧態依然のビール観”しか持たない人々の感性と何ら変わりがない。

「クラフトビール=小規模」ではない。

続く。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

「ビアジャーナリストアカデミー2期生募集中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。