[イベント]2013.1.4

クラフトビールとは?その②の③:工業から工芸、そして芸術へ

『クラフトビールとは?その②の③:工業から工芸、そして芸術へ』~藤原ヒロユキ~

先日、「クラフトビール」は「工芸品」であり「作品」に他ならない。と書いた。

詳しい内容は一昨日2013.01.02昨日2013.01.03のコラムでご覧いただける。
今日はその続きである。


「クラフトビール」が「作品」であるからには、まず、「何を描き、何を表現したいのか?=どんなビールを造り、飲み手になにを伝えたいのか?」というコンセプトと思い入れを、ブルワーが明確に持っていることが重要だ。

さらに、「それを描きあげる為の画材を厳選しているか?=醸造に必要なエキップメントと原料を選んでいるか?」も大切だ。
造りたいビールに適した醸造設備と吟味した原料が必要である。

そして、「それを描きあげる描写力=醸造技術を身につけているか?」ということが求められる。
腕がなければ、伝えたいことも伝わらない。

つまり、私の中での「クラフトビール」とは、以下の様なビールである。 

「造り手がどんなビールを造りたいかというコンセプトを明確に持っている」
「そのビールを造り上げる醸造設備が整い、原料を厳選している」
「そのビールを造り上げる技術を持ったブルワーがいる」

徹底的に古典を突き詰めるというコンセプトもいいし、前衛を追い求めるもいい。
醸造規模の大小を問題にする必要はなく、コンセプトを具現化できるエキップメントと材料が大切だ。
そして、技術は絶対的に必要である。まともな温度管理や衛生管理もできず(せず?)偶然出来上がったものをニュースタイルと呼ぶような勘違いは、ラクガキを抽象絵画と呼ぶ以上に罪深い。

そして、これこそがクラフト(工芸)から芸術(アート)へ進化する道程に他ならない。
「ビール=アート」こそ、目指す道である。
作品として胸の張れるビールがクラフトビールであり、アートビールだと思う。

「インダストリアル(工業的)・ビール」から「クラフト(工芸)ビール」、そして「アート(芸術)ビール」へ。
今後の進化が楽しみである。

あなたにとっての、クラフトビールとは?
考えてみる時期なのかもしれない。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

「ビアジャーナリストアカデミー2期生募集中です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。