[イベント]2010.8.23

ビア・コラムby藤原ヒロユキ

「夏はビールの季節だ!」って…。
それだけじゃもったいない。

 暑い。今年の夏は本当に暑い。
 そのおかげというべきか(?)ビール並びにビール風飲料の消費量は高まっているとのことだ。喜ばしい。
 やっぱ、夏はビールの季節である。そして、来るべき秋もビールの季節だ。さらにその先に続く冬もビールの季節である。もちろん、春もビールの季節に他ならない。そー、春夏秋冬がビールの季節なのである。1年365日(4年に1度は366日)がビールの日だ。
 しかし、残念ながら日本ではまだまだ「ビール」=「夏に楽しめるビール」という認識が大半をしめている。もったいない。ビールのはさまざまな種類があり、さまざまな味わいがあるのだ。それを知れば、どんな季節のどんな時にでも、ピッタリのビールを探し出すことが出来る。夏にはアメリカン・ライトラガーを、秋にはアイリッシュ・レッドエールを、冬にはインペリアル・スタウトを、春にはマイ・ボックを飲もうではないか!

ビア・スタイルを知ってみる。
すると、さらにビール観が広がるはずだ。
 
 ビールは楽しく飲むのが一番だ。小難しいお勉強は他のお酒に任せ、眉間に皺を作らず飲み干そう。しかし、ただただ飲み散らかすのはもったいない。ほんのちょっとの知識を得るだけで、その世界観は格段に広がっていくはずだ。「ほんのちょっとの知識」? それが「ビア・スタイル」である。
 ビア・スタイルとは、ビールの色や香りや味わいや発祥の歴史などからビールを分類したものである。ビア・スタイルを把握しておけば、銘柄名やラベルの文字から「そのビールがどのような味わいなのか?」ということを開栓せずとも推測することが出来る。メニューに並ぶカレーライス、きつねうどん、クリームシチューという文字を見て料理を想像できるようなものである。

 次週からは具体的にビア・スタイルの中から馴染みの深いものをピックアップして、その特徴を紹介していきたい。
 
藤原ヒロユキのコラムは毎週月曜日掲載です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。