[イベント]2013.2.6

ベルギー ラーケン王宮 王立温室庭園公開日

1784年に造られ、1831年~1930年代は国王と王妃の夏の離宮として、その後は居城となっているベルギーのラーケン王宮。
宮殿内部は非公開ですが、敷地内の王立温室庭園は年に一回、毎年春に公開されています。

レオポルド2世がアフリカをはじめ世界中から集めた植物が育てられ、毎年多くの人が訪れます。
温室は建築物としての価値も高く、ヴィクトル・オルタの師であるアルフォンス・バラによる設計のアールヌーヴォー建築で、ガラスと鉄骨を贅沢に利用し「ガラスの宮殿」とも呼ばれます。(ベルギー・フランダース政府観光局HPより)

≪2013年の開園≫
開園期間:2013年4月19日~5月12日
火・水・木 9時30分~16時
金 13時~16時、20時~22時
土・日 9時30分~16時、20時~22時
*月曜は休園
*4月19日の一般開園は20時~22時のみとなります。
*4月23日は身体障害者の方対象の日となります。

入場料:
2.5ユーロ(18歳以下無料)

⇒ベルギー・フランダース政府観光局
⇒ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。