[イベント]2011.1.7

石川雅之氏インタビュー:『もやしもん 第8巻』ができるまで

もやしもんインタビュー石川雅之

「ビールはね、笑顔が一番似合う飲み物なんだよ」。この名言を生んだ“菌漫画”『もやしもん』。第8巻は、ビールをテーマに1冊描き上げられている。連載中に国内クラフトビールメーカーへ協力を呼びかけたところ約30ものメーカーから応答があり、メーカーのロゴたちが作中のパレードを華々しく飾った。そんなもやしもんの8巻はどのようにして生まれたのだろうか? 今回より3週にわたり、『もやしもん』作者の石川雅之さんインタビュー記事を掲載します。

■日本の地ビールは取り上げないつもりだった

『もやしもん』でビールを取り上げることが決まった際、担当編集者とこんな話をした。「日本の地ビールを取り上げるのはやめよう」。いち消費者の感覚としてハードルが高い、それを知ったところでどうする、という気持ちもあった。

それが180度転換したのは、たまたま入った店で大山Gビールのヴァイツェンを飲んだのがきっかけだ。

「うまいやないかい。わざわざドイツに行かなくてもよかったんでは? そこから俄然、地ビールに興味が出てきたんです」

その直前、ビールを知る取材のために石川さんは取材旅行へ出かけていた。ミュンヘンのオクトーバーフェストへ立ち寄ってからチェコへ移動、ドイツに戻りベルギーへ。「立ち止まるな、寝るな、誰もケガするな」が合い言葉の、11日間の強行軍。だが帰国後、衝撃の事実にぶち当たってしまった。

石川さんも同行した担当編集者も「結局、ビールってなんなのか、どう取り上げていいのか、いまいちよくわからない」。

そんな、頭をかかえていた時期に飲んだのが大山Gビールのヴァイツェンだ。この一杯が、テーマの方向を日本のクラフトビールへと一気に転換させたのだった。

■「ビールとは何か?」への気づき

冒頭で紹介した「ビールはね、笑顔が一番似合う飲み物なんだよ」の言葉は、作中に登場するミス某農大の武藤葵が口にした言葉だ。8巻の頭では地ビール嫌いを公言していた彼女だが、マイクロブルワリーの加納はなが造ったヴァイツェンや、ゼミの教授である樹慶蔵の言葉などからヒントをもらいながら、「ビールとは何か」深く考えるようになっていく。その悩んだ過程と導き出した答えは、石川さんがたどった道筋をそのまま表現しているかのようだ。

「ビール編の展開は、原稿にしながら考えていきました。前半は取材に行ったオクトーバーフェストなんて、頭の片隅にも残っていなかった」という石川さんだったが、ビール編の半分ほどまで話が進み、どう話をまとめようかと困ったとき、たまたま知人宅の通夜に行く機会があった。

「お通夜で飲むビールって美味しくないんですよね。こういう雰囲気は日本酒の方が合う。じゃあ、ビールに何が足りないというよりも、そもそもビールって笑いながら飲む方が似合ってるんじゃないか? ということに思い至って」

そういえば、みんなが笑いながらビールを飲んでいるエライ陽気な祭りを最近どこかで見たな…。地ビールのオクトーバーフェストが出来たら面白いんじゃないか? ──そんな発想が、国内ビールメーカーのロゴが映える華々しい某農大オクトーバーフェストへとつながっていった。■


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。