[イベント]2011.1.12

『ベルギービール大全』の撮影ー2

またまた曜日を間違えて更新が1日遅れてしまいました。。。

『ベルギービール大全』
ボトル150本と、注いだグラス150個、計300カットを
スタジオではなく事務所という悪条件下において2日で撮りきるにあたり、
瓶の水滴については、冷蔵庫からすぐ出すという対策でクリアできたのですが
苦労したのは、泡と色。

泡については想像できると思いますが
セッティングしているうちにすぐに減ってしまいますね。
だから、マドラーでかき混ぜて、適性の厚みにしているのです。
そしてこの最適な厚みに仕上げていただく作業はプロにやっていただこうと、
「ブラッセルズ」の滝沢健二さんにお願いしました。
感謝感謝です。

そして色についてはピンと来ないかもしれませんが
普通に撮影しても、肉眼で見ている色になるとは限らないのです。
ゴールド、茶色、赤など、濃さも色相もそのままにならない。
なので、薄い場合は他の濃い色合いのビールを空けて交ぜたり
濃ければ水を足したり、色味が違えば近い色味のビールを足したりして
調整しています。
昔ならポラロイドを1枚ずつ撮るという大変な作業になるところでしたが
今はデジタルなので簡単です。
1本1本色をチェックしながら撮っていったのです。

次回は、かっちりと計算して撮った表紙のことを。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

002石黒 謙吾

この記事を書いたひと

石黒 謙吾

著述家・編集者・日本ベルギービールプロフェッショナル協会 理事

1961年 金沢市生まれ。
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、『2択思考』『分類脳で地アタマが良くなる』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『CQ判定 常識力テスト』など著書多数。三輪一記氏と共著に『ベルギービール大全』『ベルギービール大全<新>』がある。プロデュース・編集した書籍も、『ジワジワ来る○○』シリーズ(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)、『凄い! ジオラマ』(情景師アラーキー)など、ジャンル多彩に200冊以上。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。