[イベント]2011.2.16

ミシェル・モルトガット氏の活躍

アシュッフデュベル・モルトガットデ・コーニンクベルギービールミシェル・モルトガットリーフマンスヴェデット

Vedett ヴェデット

ミシェル・モルトガット氏の活躍、1/19のコラムの続きです。
だいぶ間が空いてしまってすみません。

たとえばVedett。
(日本ではヴェデット・エクストラ・ホワイトでお馴染み)
もともとあったピルスナータイプの銘柄をリニューアルし、見事に軌道に乗せています。
ブリュッセルでも若者の集まる直営のヴェデット・カフェをいくつか見かけます。

また最近では素晴らしい銘柄や技術を持つものの、経営が困難になった醸造所を傘下に収めています。
しかし他ではよくあるようなグループ全体から俯瞰した銘柄の統廃合などは行わず、これまでの伝統的な製法、銘柄を維持する、というやり方は本当に評価に値することだと思います。

2006年には、ラ・シュフやマック・シュフで知られるワロン地方の小規模醸造所アシュッフ醸造所を買収。
アシュッフ醸造所は、ミシェル・モルトガット氏の義理の兄弟となるPierre Gobron氏とChris Bauweraerts氏が立ち上げた醸造所。
デュベル・モルトガット社の傘下に入ってからその販売金額は2倍以上になっています。
もともと750mlのボトルのみの出荷でしたが現在では330mlも瓶詰めされ、日本にも入ってきています。

2008年には、グーデンバンドなどブラウンビールで知られる東フランドル州のリーフマンス醸造所を買収。
1600年代から醸造を始めている由緒ある醸造所であり、多くの素晴らしい銘柄をもっていましたが2007年末に倒産。
私の会社でも直接取引きがありましたので大変ショックな出来事でしたが、デュベル・モルトガット社が引き継いでからまた日本への輸出も再開されています。
”リーフマンス・オン・ザ・ロック”など、これまでは考えられなかったような斬新な飲み方の提案も。

そして記憶に新しいところでは昨年8月に、経営難に陥っていたアントワープのデ・コーニンク醸造所を買収。
ここのところかつてのような味わいが失われていただけに、味わいの復活にも期待したいところです。

ミシェル・モルトガット氏はまだ43歳。
音楽や芸術への協力にも積極的で、数々のイベントにも協賛し若手の育成に力を注いでいるそうです。
これからもベルギービール業界はもちろん、経営者としてどんどん活躍していただきたいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。