[イベント]2013.4.11

第1回ジャパン・ブルワーズ・カップ6位入賞ビール発表。

4月6日(土)、7(日)に横浜大桟橋ホールでおこなわれた「第1回ジャパン・ブルワーズ・カップ」の6位入賞ビールが発表された。

このジャパン・ブルワーズ・カップの特長は

① 審査員はすべてブルワー(ビール醸造家)であるということ。
毎日、ビールを造り続けているプロの目が選ぶ審査会なのである。

② 審査員同士は一切ディスカッションはせず、個人の評価でランキングを決めていく。
審査員は目の前に並べられた複数のビールを各自テイスティングし、1番優れていると思うビールに1、2番目に2,3番目に3…とポイントをジャッジ・シートに記入していく。
そのポイントを集計して「最も少ない合計点のビールが1位」というわけだ。

③ 審査結果はすべて会場に貼りだされ公開される。
どの審査員がどのビールにどんな順位を付けたか? 
どのビールが何ポイントを獲得したか? まですべてが公開される。

というものである。
非常に興味深いシステムだ。

このような方法で選出されたビールは、以下のとおりである。

ペールエール部門:エントリービール数24
1位. ビクトリー・ブルーイング(アメリカ)ヘッドウォーター・ペールエール  
   輸入元 AQベボリューション
2位. のぼりべつ鬼伝説 金鬼ペールエール 
3位. レフトハンドブルーイング(アメリカ)ストレンジャー・ペールエール 
   輸入元 AQベボリューション
4位. カールストラウス・ブルーイング(アメリカ) ペールエール 
   輸入元ナガノトレーディング
5位. オラホビール ペールエール 
6位. BAY BREWING YOKOHAMA  シトラスアタック 

ウィート(小麦)ビール部門:エントリービール数25
1位.多摩の恵み ヴァイツェン
2位.御殿場高原ビール ヴァイツェンボック
3位.のぼりべつ鬼伝説 アメリカンバーレーウィートエール
4位.ヘリオス酒造 青い空と海のビール
5位.ヤッホーブルーイング 水曜日のネコ(無濾過)
6位.呉ビール 海軍さんのヴァイツェン


ウィート部門の表彰式


真剣な審査風景。
当日は一般見学者の入場や写真撮影も自由におこなわれ、開放的な審査会だった。

なお、このコンペとともに行われたフェスティバルには多くのビール・ファンが訪れ、決勝進出ビールを含めた70種類以上のビールを楽しんでいた。
会場は海が見える、横浜らしい絶好のロケーションで、室内にもかかわらず開放的なムードだった。

今後も、このようなイベントが増えることを願っている。楽しみである。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


ビアジャーナリストアカデミ3期生募集中。詳しくは『こちら』でご覧いただけます。

ビアジャーナリストアカデミ卒業生や2期生の声、その後の活躍は
JBJAフェイスブックでもご覧いただけます。

ビアジャーナリストアカデミーについて、よくある質問は『こちら』でご覧いただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。