[イベント]2013.4.24

ビール・イベントを楽しもう

 ゴールデン・ウィークを皮切りに、いよいよ本格的なビア・イベントのシーズンに入ります。各地で様々なビール・イベントが開催されます。

すでに、志賀高原の「スノーモンキー・ビアライブ」や横浜の「ジャパン・ブルワーズカップ&フェスティバル」といった大きなイベントが盛況のうちに開催されていて、ビア・ファンが加速度的に増えていることがわかります。

ゴールデン・ウィークには、六本木「グランビエール」、お台場「オクトーバーフェスト」、横浜「フリューリングス フェスト」、虎ノ門「ブリュセレンシス ビアフェスティバル」、甲府「KOFU BEER WEEK」、名古屋「ベルギービールウィークエンド」、神戸「ジャーマンビアフェスティバル」といったビア・イベントが行われます。

また、原宿のアートイベント「Aquvii Art THE TERMINAL」日替わりでクラフトビールが提供されるなど、ビール・イベント以外でもクラフトビールが提供される機会が増えています。

さらに5/16(木)からはさいたま新都心で「けやきひろば春のビール祭り」、17(土)からは日比谷公園で「オクトーバーフェスト」が開催される予定です。

ちなみに、今年は「オクトーバーフェスト」だけでも20回以上も開かれることがすでに決定していて、そののべ日数は230日を超えています。年の2/3はビア・イベントです。シーズン中は毎日どこかでイベントといった気分です。
ビアファンは『どのビア・イベントに参加するか? スケジューリングが大変』といった嬉しい悲鳴の1年ですね。

さて、そんなビアイベントですが、おおむね以下に分類されます。

① 入場料を払い、飲み放題
② 入場料無料でキャッシュオンデリバリー(200~1200円程度の入場料のかかるものもある。また、キャッシュオンではなく、チケット制の場合もある)

の2種類です。

①の「飲み放題」は、1回に注がれる量は少ないが数多くのビールを飲めるのでビールの飲み比べをすることが出来ます。ビールの勉強をしたい人や新作ビールをチェックしたい人にはうってつけです。1人で行ってもかなりの種類が飲めるのもありがたいですね。また、飲み放題なので、酒豪の方にはコストパフォーマンスが良いイベントでしょう。

②の「キャッシュオンデリバリー」は1回の注がれる量が多いので、好みのビールをたっぷり楽しむことが出来きます。いろいろテイスティングしたい人は友達と参加し、シェアすれば、種類も飲めます(もしくは、現場で誰かと仲良くなるという手もありますね)。1杯ごとの精算なのでコスト面と酒量は自分でコントロールできるイベントです。

他にも、現在計画中や委細未発表のイベントもあり、今年のビア・イベントはまだまだ増えるみこみです。
各イベントの情報をチェックし、自分の好みに合うイベントを探して参加したいものですね。

JBJAでは今後もビア・イベントの情報を随時アップしていくのでチェックしてください。

また、主催者の方は情報を「こちら」まで是非お送りください。

今年はビア・イベント三昧の1年になりそうですね。 乾杯!

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

ビアジャーナリストアカデミ3期生募集中。詳しくは『こちら』でご覧いただけます。

ビアジャーナリストアカデミ卒業生や2期生の声、その後の活躍は
JBJAフェイスブックでもご覧いただけます。

ビアジャーナリストアカデミーについて、よくある質問は『こちら』でご覧いただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。