[イベント]2013.4.29

第1回満月会レポート――ブルームーンを飲みながら

ビアジャーナリストアカデミー1期生の富江弘幸です。2013年4月26日、満月の夜に麻布十番のクラフトハンズで開催された第1回満月会に参加してきました。

この日の第1回満月会は、全米No.1クラフトビールと言われる「ブルームーン(Blue Moon)」のお披露目会。「ブルームーン」は、キース・ヴィラ氏が1995年に醸造を開始したベルジャンスタイルホワイトエールです。その醸造所はコロラド州デンバーにあるコロラド・ロッキーズの本拠地クアーズフィールドの地下にあります。

「ブルームーン」355mlボトル

「ブルームーン」355mlボトル

キース氏はベルギーで醸造を学び、ベルギー産小麦を使った伝統的な醸造技術をアメリカへ持ち帰りました。そして、新たな味わいを求めて造り出したのが「ブルームーン」。最高級バレンシアオレンジのピールを使うことで微かな甘味を、小麦とオーツ麦を使うことでなめらかでクリーミーな後味を引き出すことに成功しました。さらに彼は、オレンジ・ガーニッシュを添えて提供することを考案。バレンシアオレンジの柑橘感をより楽しめるようになっています。

オレンジ・ガーニッシュをグラスに添えて

オレンジ・ガーニッシュをグラスに添えて

そんな「ブルームーン」での乾杯の後は、「唐辛子とネギの卵焼き」「オレンジのモロカンサラダ」「タコのガリシア風」など「ブルームーン」からインスピレーションを得た料理が提供されました。「ブルームーンにはコリアンダーが使われているので、エスニックと合う。鴨のオレンジソースのようにオレンジを使った料理はもちろん、オレンジに合う食材とも相性がいいね。シーフードと合わせるのもいい」とは、15年ほど前にコロラドで「ブルームーン」を飲んだという日本ビアジャーナリスト協会の藤原ヒロユキ会長。

「ブルームーン」について説明する藤原ヒロユキJBJA会長

「ブルームーン」について説明する藤原ヒロユキJBJA会長

フードクリエイター有元くるみさんによる料理

フードクリエイター有元くるみさんによる料理

「ブルームーン」からインスピレーションを得た料理は大人気

「ブルームーン」からインスピレーションを得た料理は大人気

2013年4月26日の太陽系の配置を表現したパン。中心が太陽

この日のために用意された2013年4月26日の太陽系の配置を表現したパン。中心が太陽

「ブルームーン」を取り扱うモルソン・クアーズ・ジャパン株式会社のマーケティング本部マーケティングディレクター阿部一貴さんは、「料理とのマッチングもできますし、日本人にも受け入れられる味だと思います。アメリカではブルームーンが白ワインの代わりに飲まれることもあり、新しい楽しみ方を提案できるビールです」と、その魅力を語ってくれました。

「ブルームーン」のコースター

「ブルームーン」のコースター

この第1回満月会のために用意された「ブルームーン」は樽で60リットル。会の終盤にはすべてなくなっているほどの人気でした。2013年6月20日には、首都圏(1都3県)限定で「ブルームーン」の355mlボトルが発売されますが、発売日以降「ブルームーン」がどう受け入れられるかは、この日の消費量からも想像できると思います。これからの季節にもぴったりな「ブルームーン」を味わえた楽しい会でした。

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。