[テイスティング]2013.5.7

ビアレポート(3) ― ブルームーン(Blue Moon)

ビアジャーナリストアカデミー1期生のコウゴアヤコです。

6月20日にアメリカから上陸予定のメジャー級剛腕スーパースター
「ブルームーン(Blue Moon)」をご紹介します。

4月のある満月の日に、麻布十番にあるビアバー「クラフトハンズ」で行われた
「ブルームーン」の日本販売発表会にお邪魔しました。

「ブルームーン」は1995年にコロラド州デンバーにある野球球場内で誕生した
ブルームーン・ブリューイング・カンパニーが造るベルジアンスタイル・ホワイトエール。

アメリカでの試飲会でこのビールを飲んだひとが
「Once in a blue moon!(ごく稀に、滅多にない)」と
声を上げたことから命名されたとか。

クラフトビールとしてはアメリカではすでにメジャーなビールですが、
私は初めてのテイスティングです。

背の高いヴァイツェングラスに注がれてやって来たのは、
こんもりと盛り上がった泡に、オレンジ色の濁りがあるビール。

そしてビールには珍しくグラスの縁には輪切りのオレンジが添えられています。
その姿はまるで雲の上に姿を現す赤い月のよう。

P1160961

顔を近づけるとオレンジの爽やかな香りが押し寄せます。
口に含むと爽やかな甘味と小麦のジューシーな旨味がいっぱいに広がり、
後口にはスパイスの微かな余韻。

これまでのベルジアンスタイル・ホワイトエールでは感じたことがない
クリーミーでなめらかな味わいです。

原材料として麦芽、ホップ、小麦の他にオーツ麦を使うことでクリーミーな舌触りを、
スパイスとしてオレンジピール、コリアンダーシードを加えることで
飽きがこない柑橘類の爽やかな風味とスパイシーな余韻を実現したとか。

香草を使ったイタリアン料理や、スパイシーなエスニック料理、
さらにはスィーツとも相性が良さそうです。

オレンジを添えることで完成する飲み方は、これまでにない斬新でおしゃれなスタイル。
キレと喉越しばかりを追い求めてきたこれまでのビールの固定概念を打ち壊してくれそう。
ビールが苦手という女性や、とにかく食事に合わせたいという美食家にもお試し頂きたい一杯です。

6月20日に首都圏を中心に発売予定。
麻布十番のクラフトハンズでは先行プロモーションで試すことができます。

これからの展開が楽しみなビールです。

P1160975
グラスによる味の違いを確かめる藤原ヒロユキ氏
                         

ブルームーンブリューイング公式HP
http://bluemoonbrewing.jp/#p1

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。

よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』、『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。