[テイスティング]2013.7.20

イタリアンクラフトが今年静かなブームに!? イザック―ビアレポート(13)

イタリアベルジャンホワイト

イタリアのクラフトビールが静かなブームになりそうな予感。と言いながらも、以前から「静かだったらブームとは言えないのでは?」と思っていた私です。

さらに「なりそうな予感」と書いてしまいました。自信のなさの表れです。

いや、イタリアンクラフトはきますよ。たぶん。どこからが静かなブームとするかわかりませんが、メディアでも少しずつ取り上げられていますし、もしかしたらもう静かなブームと言っていいのかも。

ということで、今回はイタリアのクラフトビール界を牽引してきたとも言われるバラデン醸造所(Baladin)から、イザック(Isaac)というベルジャンホワイトをご紹介。

Isaac

Isaac

バラデン醸造所は1996年創業で、その歴史はブルーパブから始まっています。最初に造られたのがスーパー(Super)というアンバーな色合いのビールと、このイザック。現在は、ウェブサイトで確認できるだけでも15種類を醸造しています。

で、イザックを注いでみると、泡がモリモリ。「おお、ものすごいやる気だ」と思いきや、消えるときはあっさり。グラスを近づけると、ベルジャンホワイトらしいコリアンダーやオレンジピールの混じった香りが感じられます。一口飲むと、クリーミーで軽やかな液体が喉を通りすぎ、後味もすっきりしています。もともとベルジャンホワイトの苦味はあまり感じられないものですが、イザックはほとんど感じられません。IBUは8.5で、ベルジャンホワイトの中でも低めです。

炭酸も弱めなので、すいすい胃袋に吸い込まれていきます。かなりの飲みやすさです。ビールが苦手な人はもちろん、ベルジャンホワイトが苦手な人にも一度飲んでもらいたいビール。

イタリアンクラフト、きますよ。

BJA1期生 富江弘幸

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。