[テイスティング]2013.7.24

リキテンシュタインの魚雷発射!―ビアレポート(14)

アメリカブリュードッグペールエール

学生時代、美術の成績はすこぶる悪かった私です。

アートのことはさっぱりわからない左脳型ですが(左脳も使われていないという噂も)、面白いデザインのラベルを見ると、スタイル云々は関係なくジャケ買いしてしまいます。で、またやってしまいました。アートに詳しい人なら「おおっ!」と思うであろう、ロイ・リキテンシュタインの絵がラベルとなったブリュードッグのビール。今回はこの「リキテンシュタイン(Lichtenstein)」をご紹介します。

Lichtenstein

Lichtenstein

このビールは、ロンドンのテート・モダンで開催されていたロイ・リキテンシュタインの展覧会のために、ブリュードッグがテートとコラボして特別に醸造したもの。

といっても、アートに興味のない人たちは「リキテンシュタインって何者?」と思うでしょう。彼はアメリカンポップアートの巨匠なのですが、アンディ・ウォーホルと同じくらい有名と聞けば、そのすごさがわかります(と、アンディ・ウォーホルなら知っている自分にも言い聞かせ…)。

そういうことで、このビールのスタイルはアメリカンペールエール。ライ麦とアメリカンホップを使用しており、グレープフルーツを思わせる香りが魅力です。ブリュードッグのアメリカンペールエールといえば、「デッドポニークラブ」がありますが、同じようなすっきり感がありつつも、ほんの少しボディを感じるようになっています。アルコール度数も「デッドポニークラブ」よりやや高めの5.2%。

ちなみに、この絵のタイトルは、セリフと同じ「Torpedo…Los!」。「魚雷発射!」という意味だそうです。勢いよく命令している感じですが、その後ろの緊張感のない人が気になります。魚雷は発射されたのでしょうか。

 

BJA1期生 富江弘幸

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。