[イベント]2013.7.25

海外のビールにかなわないと思うことは?――「日本のクラフトビールは世界で通用するのか?」レポート

2013年7月17日に外国人記者クラブで開催されたイベント「日本のクラフトビールは世界で通用するのか?」で、コエドビールと常陸野ネストビールのトップに質問する機会をいただきました。対談の様子などは他の記事を参照していただき、ここでは私の質問と回答及びそこから派生した話についてレポートします。

———-

左から、藤原ヒロユキ氏、木内敏之氏、朝霧重治氏

左から、藤原ヒロユキ氏、木内敏之氏、朝霧重治氏

――日本はコピーする力がすごい、というお話がありました。なので、日本のクラフトビールのクオリティは高いのではないかと想像しますが、それでも海外のビールにはかなわないと思うことはありましたか。

木内:中国でメルセデス・ベンツのコピーが売られていますが、買いますか? 買うんだったら、日本のコピーは売れます。

朝霧:我々がどこまでいってもキャッチアップできないのはビールの文化ですね。エジプト・メソポタミアで発展した、麦を保存するための技術としてのビールは、ヨーロッパでビール文化として花開きました。史実として、日本ではビールは生まれなかった。それにはジェラシーを感じます。でも、ビールは世界的に愛されていて、その素晴らしい文化に出合えてよかったと思っています。

藤原:寺山修司が「書を捨てよ」と言いましたが、絵で例えると、最初は模写が大切。それが進むと自分自身の絵を描く必要があって、(日本のビールは)その時期なのではないかと。スタイルガイドラインは大切だけれど、それがすべてではない。そろそろ「書を捨てよ」という時期だという気がします。

木内:日本のクラフトが伸びていると言われますが、どこで伸びているのでしょうか。僕はアメリカで1999年から商売をしているので、その劇的な変化を見ています。いま、日本のクラフトビアバーができていますが、(アメリカでも)すごかったのです。

ただ、今はそこがメジャーではなく、一般のレストランがどんどんメジャーになっているんです。そうなると、クラフトビアバーが追うものは何かというと、いかに珍しいものを扱うか。地方の小さいブルワリーに行って、あれを出せ、これを出せと言って買ってくる。それが日本のクラフトビールのブームになりつつあるのです。

アメリカではそれが十年くらい前に起こっていて、それを卒業した人たちが、本当においしいものを一般のレストランで飲むんですよ。フレンチと合わせて、和食と合わせて、と。日本がそこまでくれば、日本のクオリティも素晴らしい、ということになると思います。

一般のレストランで飲めるビールを造れるかどうか。ビアパブで飲むビールはもう卒業しましょう、というのが本音ですね。

———-

上記の記事を簡単にレイアウトしたものはこちら↓
20130717_jbja

BJA1期生 富江弘幸

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。