[テイスティング]2013.10.30

非合法酒場という名の醸造所の「Tallulah Extra Pale Ale」―ビアレポート(42)

アメリカペールエール

芸能関係には疎い私です。

一般的にかなり知られている俳優やアーティストでも、「誰ですか?」ということがよくあります。日本人でさえそうなので、外国人俳優ならなおさら。名前くらいしかしらない俳優の話題なんて、よくわからないのでこちらに話を振られないようにするのに必死です。

まあ、話を振られたら「知らない」と言えばいいだけですが。

さて、今回はスピークイージーの「Tallulah Extra Pale Ale」。このビールの名前になったタルラー(Tallulah)とは、アメリカの女優タルラー・バンクヘッドのことだと思われます。知っている人は知っているのでしょうが、当然私は知りませんでした。『救命艇』『ブロードウェイへの道』といった映画に出演していたそうです。

Tallulah Extra Pale Ale

Tallulah Extra Pale Ale

それがどういう意味合いで名前が付けられたのかわかりませんが、このビールはすっきりとしたペールエール。華やかな香りと軽めのボディで飲みやすく仕上がっています。このビールを含め、「Big Daddy IPA」「Prohibition Ale」「Scarlett Red Rye」がスピークイージーのフラッグシップということですが、「Tallulah Extra Pale Ale」についてはウェブサイトに詳しく記載されていないのが残念。

スピークイージーはサンフランシスコで1997年に造られた醸造所。他のビールも「Tallulah Extra Pale Ale」と同じようなタッチのイラストが描かれています。ちなみに「スピークイージー」とは、アメリカの禁酒法時代にあった「もぐり酒場」「酒類密売所」のこと。そのせいか、醸造所のロゴには覗いている目玉が描かれています。今はまったくの合法ですので、飲む際は堂々と。

【BEER DATA】
Tallulah Extra Pale Ale
生産地:アメリカ
醸造所:スピークイージー
スタイル:アメリカン・ペールエール
アルコール度数:5.6%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。