[テイスティング]2013.12.7

タモリカップと米久のコラボ「タモリカップビール」―ビアレポート(53)

タモリラガー米久

ビールの楽しさを広く伝えていくためには、知名度のある人の力がある程度必要だろうと思っている私です。

そういう意味では、タモリ氏がビールについてテレビでちょこちょこ言及していただいているのはありがたい限り。そこからビール好きがどんどん増えていけばいいなあ、と思っています。

そこで、今回は「タモリカップビール」。

TAMORI CUP BEER

TAMORI CUP BEER

タモリカップとは、タモリ氏が名誉会長を務めるヨットレース。毎年沼津で開催されていたのですが、今年は横浜と福岡の2カ所で開催されました。レース後にはバーベキューパーティーが開かれており、「タモリカップビール」はそこで出されるビールとして造られたもの。

このビールを造っているのは米久。御殿場高原ビールがグループ会社です。スタイルはウインナスタイルラガーで、インターナショナルビアコンペティション2012で同スタイルの金賞を受賞しています。

ホップはザーツとペルレを使用。ザーツについてはこちらの記事(チェコホップ協会ROSA氏インタビュー)に詳しいので、ぜひ読んでみてください。ペルレはドイツ産で、アロマホップでありながらα酸含有量が多いのが特徴(α酸含有量が多いと苦味が強くなる)。モルトの味わいも感じられてバランスのいいビールです。バーベキューしながら飲んでみたくなりますね。

今後のタモリ氏にも期待しつつ、ビールの楽しさを広めるために自分も頑張らないと…と。

【BEER DATA】
タモリカップビール
生産地:日本
醸造所:米久
スタイル:ウインナスタイルラガー
アルコール度数:5.5%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。