[テイスティング]2014.1.22

久しぶりのイギリスビール、アドナムス「Innovation」―ビアレポート(64)

IPAイギリス

偏っている感じがする私です。

今回はイギリスのビール。アドナムスの「Innovation」を紹介したいと思いますが、イギリスのビールを取り上げるのはかなり久しぶりです。イギリスは比較的好きなんですけどね。ジャケ買いが多いせいか、アメリカ、ベルギーあたりのビールが多くなってしまっているようです。

Adnams Innovation

Adnams Innovation

実は今回の「Innovation」もジャケ買い。このイラストはボトルに直接印刷されているので、ラベル収集はできませんが、ついつい買ってしまいました。この無国籍感なイラストはどこの国だ、と思っていたらイギリス。公式サイトを見る限りでは、ほかのビールラベルのデザインとはちょっとテイストが違うようです。

このアドナムスという醸造所は1872年創業。イングランドの西海岸にあるサウスウォルドという街にあります。小規模醸造で限定生産のビールも多く、現在公式サイト上で確認できるビールは41種類(シーズナル含む)。ワイン、スピリッツも造っているようです。

ところが、今回の「Innovation」はウェブサイトに載っていません。一次資料には当たれませんでした。インポーターのウェブサイトにも載っていないので、正確な情報がなくお手上げ状態。それだけ出回っている数が少ないのかもしれません。

味はというと、イギリスとアメリカのIPAの良さを両方持っているような味わい。ビールを注ぐとアメリカンホップを思わせるフルーティーな香りが漂いますが、苦味は適度に感じられる程度。フィニッシュにはミカンのようなフレーバーも。ゆっくりと楽しみたい、やさしい味わいです。

アドナムスのビールを飲むのは今回が初めてでしたが、他の銘柄も飲んでみたくなりました。イギリスはビール伝統国だけあって魅力的な醸造所がたくさんありますからね。アドナムスに限らずもっと日本に入ってくればいいんですが。

【BEER DATA】
Innovation
生産地:イギリス
醸造所:アドナムス
スタイル:IPA
アルコール度数:6.7%


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。