[イベント]2014.2.17

100 年の歴史に磨かれた「コク」から生まれる、新ヱビス発表!

サッポロビールヱビスビール

ヱビスビールが世の中に登場したのは、1890年2月25日。

1900年にパリ万博で金賞を受賞。

1971年には戦後初の麦芽100%のビールとして生まれ変わり、長い歴史の中、唯一無二のヱビス酵母を守り、協同契約栽培の原料を農家さんとともに育てながら、ヱビスならではのコクは磨かれてきました。

そして、2014年5月。ヱビスだから出来る、新しい「コク」が誕生します。

ヱビスブランド戦略説明会140217

まず第一弾は、5月7日。ヱビスブランド初のギフト限定商品となる『ヱビス 夏のコク』が出荷スタート!

大切な人に、本物のよろこびを届けたい。これまでのヱビスよりさらに麦芽の使用量、アロマホップの使用量をそれぞれアップ。そして長期熟成して生まれるこの限定ヱビスは、なんと、アルコール度数7%! 飲み方の提案として、夏らしく氷を入れて飲むのもおすすめだそうです。

第二弾は、5月20日。期間限定コンビニエンスストアだけで買える『ヱビス ロイヤル セレクション』。

ミュンヘン麦芽、小麦麦芽、ビルスナー麦芽、カラメル麦芽、クリスタル麦芽と、5種の麦芽の深いコクと芳しい香り、そして麦のうまみをじっくり味わえる、アルコール度数5.5%のプレミア感満載なビールです。

いずれも価格はオープン。

夏のコクサンプリングとして、百貨店店頭やヱビスビール記念館などで10万本のサンプリングなども予定。

 

もっとプレミアムなヱビス、待ちきれません!…ね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。