[イベント]2011.4.16

枕草子的ビール考:春はヴァイツェン

■「やっぱり春は、ヴァイツェンよね」

先日、満開の桜を眺めていた友人がこんなことを口にした。
「ねぇ、春だからヴァイツェン飲もうよ!」

そうしよう、そうしようとすんなり同意したものの、ふと不思議に思った。なぜ春「だから」ヴァイツェンなのだ?
そのこことについて聞いてみると、「春の気温・湿度的にヴァイツェンの喉越しが合う感じがしたの。それと…冬だと気温が低いせいか、ヴァイツェンの甘味や風味が薄れるような気がして…」との答えが返ってきた。

調べてみると、確かに春限定のヴァイツェンとして販売しているクラフトビールメーカーもいくつかある。「やっぱり春はヴァイツェンだよね」というコメントも少なくない。

ヴァイツェンが持つバナナのような甘い香り、苦みが少なくとろりとした口あたり、小麦の風味がほんのり感じられる優しい感じ。ヴァイツェンそのものが、命が芽生えほころぶ春の陽気を思わせるのかもしれない。

■季節の「よい」ビールに想いめぐらせる

さて、清少納言の枕草子・第一段では、「季節ごとに趣のある(よい)時間帯」について語られている。思いっきり要約するとこうなった。

春はあけぼの。
夏はよる。
秋は夕暮。
冬はつとめて(早朝)。

がよいのだと。

では、これをビールに当てはめてみると、「季節ごとに趣のある(よい)ビアスタイル」は以下のようになるのではないか。

春はヴァイツェン。
夏はピルス。
秋はメルツェン。
冬はボック。

枕草子は、「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎはすこしあかりて…」と続いていく。では枕草子的ビールの場合は? 続きはうんうん唸りつつ、おいおい考えてみよう…。■


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。