[イベント]2014.4.4

スタジアムのビール、本当は何mlなの?

Boise’s CenturyLink Arenaアイダホ・スチールヘッズ神宮球場

プロ野球が開幕した。スタジアムはもちろん、スポーツ・バーや自宅のTV前で野球を観ながら飲むビールは最高だ。
野球に限らず、スポーツ観戦にはビールが良く似合う。そう思っているのは私だけではないはずである。
ウィンタースポーツとして人気の高いアイスホッケーの観戦にもビールは人気で、多くのファンがビール片手に観戦をしている。
そんななか、アメリカのアイダホで興味深い事件が起きている。
「アイダホ・スチールヘッズ」の本拠地リンク「Boise’s CenturyLink Arena」で売られているラージ・サイズ:7ドルとレギュラー・サイズ:4ドルの容量がほぼ同じだというのだ。

ラージ・サイズのカップは背が高く、レギュラー・サイズは背の低いので、一見は容量に差があるように感じるのだが、ラージ・サイズのカップがスリムなので容量はさほど違わないということがわかったのだ。
ある観客がこれに気づき、実際にラージ・サイズのビールとレギュラー・サイズのカップに移し替えても大差がないという実験をし、ネットで流したため多くのファンが、それに気が付き憤っているというわけだ。
訴訟騒ぎにまで発展している。

https://www.youtube.com/watch?v=94-FTyjjwBAmqdefaulta
*色のついた液体を使って実験をしている

日本の球場でも生ビールのタンクを担いで売りに来るが、注ぐ人によって容量はかなり変わってくるのは明らかだ。紙コップだとどれぐらい入っているかわかりにくいし…。

神宮球場では、瓶と缶で販売する売り子がいるので、私は彼らから買うことにしている。
これならば、容量は明確だ。
せこいようですが……。やっぱ、おいしいビールは1滴でも多く飲みたいので。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。
「ビール王国 ウェッブ・ストア」

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。