[イベント]2010.9.3

褐色のヴァイツェンとコーラヴァイツェン

石垣島にある「石垣島地ビール」は、日本最南端で造られているクラフトビールだ。さとうきび畑に沿った一本道をひたすら進むと、市中から車で15分ほどのところに、醸造所はあった。

石垣島地ビールのラインナップの中に、「ヴァイツェン」がある。通常は黄身がかった白色が圧倒的に多いが、ここのヴァイツェンは茶褐色。研修先であった南ドイツのダックスブロイ社のヴァイツェンに倣ったそうで、ローストしたドイツ産モルトを使っていた。液体を口に含むと、なるほど、ほんのかすかにカラメルの香りがする。

工場長兼ブルワー(醸造者)の塩谷篤さんによると、これまで何度かコンペティションに出品したものの、箸にも棒にもかからない。味には自信があるのに、どうしたものかとダメもとで問い合わせた。得た回答は、「褐色だからダメ。ヴァイツェンのスタイルから外れているから」とのことだった。

賞を取るのは諦めた。塩谷さん曰く、「自分はダックスブロイに教えてもらった、褐色のヴァイツェンの方が美味しいと思う。変えるつもりはない」

__

塩谷さんが、ヴァイツェンにはコーラが合うんだ、と教えてくれた。ギャ! なんじゃそりゃ⁈  
刮目しながら固まっていると、南ドイツの人たちが教えくれたという。なんでも、ヴァイツェンを飲むのに飽きたら(これまた贅沢な話だが)コーラで割るのだと。ピルスナーなどいろいろ試してみたが、とりわけヴァイツェンは、コカコーラとの相性が抜群らしい。

ホントかな〜と思いつつネットで検索してみると、なんと辻調理グループのWebサイト「辻調おいしいネット/独逸見聞録」に掲載されていた。「コーラヴァイツェン」「コーラヘーフェ」という名前だそうな。石垣島地ビールでは醸造所で完成品が飲めないので、またビビりのためにまだトライしていない。覚悟を決めてやってみるか…。

塩谷さんは、コーラヴァイツェンを製品化するべく研究中だ。果たしてこのビアカクテル、ビールとジンジャーエールを合わせる「シャンティ•ガフ」級の認知と人気を得ることができるだろうか⁈■


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。