[テイスティング]2015.6.7

PMとAMの狭間に「AM:PM」―ビアレポート(115)

遅寝遅起きの私です。

書くことを仕事にしていると、と書くのは言い訳かもしれませんが、日付が変わる前に寝ることはほとんどありません。遅く寝る分、起きる時間も遅いので、睡眠時間としては極端に少ないわけではないと思います。ということは、単純に寝る時間を早めれば早起きして健康的な生活になるのでは…とも思いますが、なかなかそういうわけにはいきません。

そういうわけにはいかない理由のひとつがビール(ビールは悪くありません。私が悪いのです)。夜、パソコンに向かってラジオを聞きながらビールを飲むことが、楽しい時間でもあったりします。

今回のビールは、イギリスのソーンブリッジ「AM:PM」。

AM:PM

AM:PM

コンビニのような名前ですが、サブタイトルのように「ALL DAY IPA」と書かれています。ソーンブリッジの公式ウェブサイトにも「truly sessionable beer」と。ホップはシトラ、ネルソンソーヴィン、アマリロを使用しています。ソーンブリッジについては、こちらにも簡単に書いています。

グラスからはマスカットのようなやさしい香り。甘味は控えめで、鼻の奥のほうからはメロンのようなフレーバーも。やわらかいカーボネーションで、苦味は全体を通して弱め。後味はほとんど残らず、朝起きたときに最初に飲む水のようにクリアで染みわたる印象があります。

アルコール度数も4.5%とやや低めなので、休日には午前中から飲んでもいいかもしれません。私はPMからAMに変わる頃に飲んでいますが…。

【BEER DATA】
AM:PM
生産地:イギリス
醸造所:ソーンブリッジ
スタイル:IPA
アルコール度数:4.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。