[JBJA活動,イベント,ビアバー,ブルワー]2019.2.17

ビールに携わる様々な「やりたい」を形にする場所。 OGA BREWING COMPANY 醸造記念お披露目会 レポート(東京都三鷹市)

OEMOGAOGA Brewingローカルビア三鷹ビール三鷹市人を繋ぐコミニケションツール吉BEER吉祥寺ビール鷹BEER

ビールに携わる様々な「やりたい」を形にする場所として

­­   2019年1月19日(土)東京都三鷹市で醸造を開始した、OGA(オージーエー)BREWING COMPANYの醸造記念お披露目会が開催されました。OGA BREWINGは、三鷹駅から15分ほど歩いた住宅街の一画に醸造所を構え、併設するCafé Hoooopでオリジナルビールを提供しています。ブルワリーの名称であるOGAとは「Original Gravity Area」の略称で「ビール醸造の最初重要な舵取り、方向性を決める」という意味が込められています。前身にあたるCool Air One Brewing時代に、OEM(委託製造)でビールの販売を開始して3年。立ち上げ当初の想いを引き継ぐ形で、2018年5月に同ブルワリーへ名称を変更し、2019年1月に念願の自家醸造ビールの提供を開始しました。名称を変更した理由について「自家醸造を開始するに当たり、OEMの時代とは明確な区別を付けたかった」と話すのは代表の小笠原 恵助さん。実際に醸造を開始して、店舗の中から醸造タンクが見える環境で、ビールを提供できる「臨場感の強み」を日々実感されています。ブルワリーを立ち上げるきっかけは、企画から醸造、販売、経理に至るまで、ビールに携わる様々な「やりたい」を形にするため、幅広い雇用を生みだしたいという考えから。その一連の流れの中で、お客さんを含めた沢山の人々の繋がりを通して「お酒を嗜む際の選択肢の1つとしてビールを広めていきたい」というクラフトビールに込めた熱い想いを、現場から伝えて行くブルワリーが三鷹市に誕生いたしました。

OGA BREWING Companyのスタッフの皆さん。
(きた ゆうこ さん:左  小笠原 恵助 さん:中央  植松 康佑 さん:右)

飲み手に寄り添うビール造り

­  OGA BREWINGが目指すのは「飲み手に寄り添い、初めてクラフトビールを飲んだ際の感動衝撃を常に与えられるようなビール」です。

ブルワリーコンセプト
●クラフトビールの入り口になるビール造り
●初めて飲む方、飲み始めの方に届ける
●最初のクラフトビールはOGA!

同ブルワリーでは、クラフトビールが担う役割について「人を繋ぐコミニケションツール、会話のエッセンス」と表現して、飲み手を一番に考えたビール造りを心がけています。現在は、小笠原さん自身が店舗のカウンターに立ち、日々の会話の中のから生まれる意見を取り入れながら、1つ1つのビールを造り上げています。完成品は、三鷹ビール(鷹BEER)・吉祥寺ビール(吉BEER)という、2大ブランドに基づいたネーミングで販売されます。今回のお披露目会では以下の4種類が提供されました。

・吉祥寺NE:GAP [Hazy Pale Ale] Alc.5.0%
・吉祥寺OFF the wagon [Session IPA] Alc.4.0%
・三鷹First Penguin [Session Pale Ale] Alc.4.0%
・三鷹WIPA [WIPA] Alc.8.0%

ビアスタイルは、Session Pale Ale・Session IPAからアルコール度数 8.0%のWIPAまで、クラフトビールが持つ多様性の面白さを、存分に味わうことができるラインナップです。このように、クラフトビール初心者にも気軽に親しんで貰えるよう、地元を意識した「ローカルビア」をキーワードに掲げた取り組みも特徴です。地域に根差したブルワリーパブの運営では、地元の皆さんの後押しが必要不可欠だと思います。その中で、名称含め「誰にとっても分かりやすいブランド作り」はとても重要な要素だと考えます。一方で、ビールの販売に関しては、地産地消ではなく外販用の瓶詰めビールの流通を基に、日本全国的に知名度の底上げに努め、ゆくゆくは世界まで見据えた活動を計画しています。これからも、ビールに込めた想いを多くの方に届ける活動に、注目していきたいと思います。

三鷹ビール(鷹BEER)・吉祥寺ビール(吉BEER)を含む5種類のオリジナルビールが提供されました。

ボトルビールを活用した発信を進めています。

コラボビールを通して伝える様々な想い

­  OGA BREWINGの1回の仕込み量は300リットル。合計4基の貯蔵タンクを構えて醸造を行っています。同ブルワリーでは自家醸造を進める一方で、OEMにも力を入れています。現在は、立川市の飲食店を中心とした企画【TACHIKAWA GRAFFITI】を手掛け、これまでも多くのコラボビールを通して、皆さんの「やりたい」を形にしてきました。レシピ作りからラベルデザインまで、専門性の高い分野において、それぞれが得意分野を担い、要望に沿ったビールを提供する。醸造のハードルを下げるのではなく、広げていきたいと話す小笠原さん。想いが詰まったビールを通じて輪が広がることにより、クラフトビールが抱える「消費者が知らない、触れてない」という、長年の問題解消にも取り組まれています。これからも個人・法人からの依頼を積極的に受け入れていくとのことです。

店内には、これまで製造した瓶ビールのボトルが並べられています。

おわりに

­  OGA BREWINGに併設されたCafé Hoooopでは、オリジナルビールを含む全8種類のビールを提供しています。店内はソファー席や炬燵を中心に、ゆったりとした時間を過ごせる空間が広がっています。窓ガラス越しには醸造設備を眺められるほか、これまで手掛けてきた瓶ビールのボトルが展示され、個性豊かなラベルを楽しむこともできます。実際に現地を訪れてみて、醸造タンクを横目に会話を楽しみながら、クラフトビールの面白さに触れてみてはいかがでしょうか。

Café Hoooopでは醸造タンクを眺めながら、オリジナルビールを楽しむことができます。

OGA BREWING COMPANY/ café HOOOOP
住所: 東京都三鷹市下連雀4-1-16センチュリー三鷹
営業時間: 月曜日、木曜日~日曜日 15:00~22:00
定休日:火曜日、水曜日
FB: https://www.facebook.com/ogabrewing/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

神山 タクロウ

この記事を書いたひと

神山 タクロウ

ビアジャーナリスト/ビアテイスター

ビールと東京ヴェルディに魅了されつづけるビアツーリスト。平日はビアバー、週末はビア旅を満喫することがライフワーク。「日本のクラフトビール文化は面白い」を追求して、現地で体験した魅力を発信していきます。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。