[ビアバー,ブルワー]2021.2.8

ぬとりブルーイング、自家醸造ビールを2021年2月8日にリリース!

ぬとりブルーイング山田泰一氏麦酒処ぬとり

埼玉県川口市のブルワリー&居酒屋 麦酒処ぬとり。併設ブルワリー ぬとりブルーイングにて、初醸造ビール「朱花(あかはな)のぬとり」を2021年2月8日にリリースします。第二弾として「白毬(しろまり)のぬとり」のリリースも間近。その魅力をお伝えします。

参考:麦酒処ぬとり、2020年10月1日グランドオープン!

朱花のぬとり

朱花(あかはな)のぬとり 写真提供:ぬとりブルーイング

ぬとりブルーイング初醸造のビールは「朱花(あかはな)のぬとり」です。赤色がかった落ち着いた液色。光に透かすと美しい紅色に輝きます。麦芽の香ばしくも優しい風味、そして酵母由来のスパイシーさのある味わい。苦味は弱く、飲みやすいビールの印象です。2021年2月8日(月)から、麦酒処ぬとりにて提供開始します。

初醸造に臨む山田泰一さん 写真提供:Daisuke Kanamori

醸造家の山田泰一さんは「初仕込みで大事にしたのは『ビールは多種多様であると同時に身近な飲み物』であることを伝えるビールをつくることです。『ぬとり』のマスコットキャラのトレードマークである『赤い鼻』を模して、赤いセゾンスタイルのビールに挑戦。思ったよりも香ばしさとスパイシーさが出たので、飲みやすさもありながら、楽しめるビールに仕上がりました。」と語ります。

商品概要

名称:朱花(あかはな)のぬとり
スタイル:レッドセゾン(Saison)
アルコール分(ABV):4.7%
IBU(国際苦味単位):12
仕込日:2021年1月14日
リリース日:2021年2月8日

白毬のぬとり

白毬(しろまり)のぬとり 写真提供:ぬとりブルーイング

ぬとりブルーイングの第二弾のビールは「白毬(しろまり)のぬとり」です。初醸造の紅色のビールと対となる白ビールを醸造。ホップはドイツ産マンダリナバーバリアを使用し、みかんを思わす落ち着いた柑橘系の香りと風味があります。そして、小麦麦芽による優しい味わい、フルーティな優しいWhite IPAを目指したビールです。現在熟成中、リリース間近。

商品概要

名称:白毬(しろまり)のぬとり
スタイル:White IPA
アルコール分(ABV):5.5%
IBU(国際苦味単位):12
仕込日:2021年1月21日
リリース日:2021年2月中旬予定

ぬとりブルーイングのビールを楽しもう

初醸造の「朱花(あかはな)のぬとり」と第二弾の「白毬(しろまり)のぬとり」、紅白の名称や液色から縁起の良い印象です。風味や味わいも対極のビールであり、飲み比べるとそれぞれの特徴を楽しめるでしょう。さらに、第三弾として埼玉県川口市産ミカンを使ったビールを醸造中です。多様なビールづくりに挑戦する ぬとりブルーイング。是非、麦酒処ぬとりを訪れ、オリジナルビールを味わってみてはいかがでしょうか。

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■麦酒処ぬとり
住所:埼玉県川口市川口6-9-5
営業時間:
金~月 14:00~19:00 L.O.
定休日:火水木

Facebook
Instagram

※臨時休業や営業時間の変更の可能性もあります。
訪れる際は、事前にご確認をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。