[テイスティング]2014.4.19

WBC受賞のコロナド・ブリューイング「アイランダーIPA」―ビアレポート(89)

IPAアメリカワールドビアカップ

サッカーよりは野球のほうが好きな私です。

野球の世界大会といったら「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」ですが、ビール好きの人たちにとってWBCといえばはやはり「ワールドビアカップ」でしょう。

今回はアメリカのコロナド・ブリューイング「アイランダーIPA」です。

Islander IPA(バックラベル)

Islander IPA(バックラベル)

ご存知の方も多いかと思いますが、先日行われたワールドビアカップ2014で、コロナド・ブリューイングが「World Beer Cup Champion Brewery and Brewmaster (Mid-Size Brewing Company)」に選ばれています。さらに、コロナド・ブリューイングの「アイランダーIPA」が「Category 86: American-Style Strong Pale Ale」で金賞を受賞。ホップにコロンバス、センテニアル、チヌックを使用し、グレープフルーツやマンゴーのようなフレーバーも感じられます。心地よい苦味も印象的。フィニッシュはドライで、ドリンカブルなIPAです。

さて、このコロナド・ブリューイングをはじめ、ワールドビアカップの「Champion Brewery and Brewer Awards」ではアメリカが5部門すべてを独占しましたが、各カテゴリでの国別受賞数は下記のようになっています。

(国名 金,銀,銅)
アメリカ 73, 65, 75
ドイツ 9, 9, 8
ベルギー 2, 1, 2
カナダ 1, 3, 2
イギリス 1, 2, 2
オランダ 1, 2, 0
日本 1, 2, 0
チェコ 1, 1, 1
エルサルバドル 1, 1, 0
ブラジル 1, 1, 0
イスラエル 1, 0, 0
台湾 1, 0, 0
イタリア 0, 3, 0
ニュージーランド 0, 2, 0
韓国 0, 1, 0
メキシコ 0, 1, 0
スウェーデン 0, 0, 1
ラトビア 0, 0, 1
オーストラリア 0, 0, 1
アイルランド 0, 0, 1

アメリカが断トツですね。ちなみに、エントリー数が一番多かったのは「American-Style India Pale Ale」で224。逆に少なかったのは「European-Style Low-Alcohol Lager/German-Style Leicht(bier)」で10でした。数を鵜呑みにするのはよくないですが、エントリー数を見ることで何が人気のスタイルなのか、ある程度の傾向はわかると思います。ワールドビアカップの公式サイトに「2014 Winners List」が掲載されていますので、じっくり見てみると面白いですよ。

【BEER DATA】
アイランダーIPA
生産地:アメリカ
醸造所:コロナド・ブリューイング
スタイル:IPA
アルコール度数:7.0%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。