[テイスティング]2014.6.4

名前やデザインとは違った優等生的な味わい「ホワイトラスカル」―ビアレポート(99)

アメリカベルジャンホワイト

記憶が曖昧な私です。

子どもの頃に見たテレビ番組や本の内容をあまり覚えていないのです。同世代の人と話をしていて「あの番組が〜」という話になるのですが、その番組を見たことがあるのに、その話についていけないことがしばしば。子どもの頃から何も考えずに生きてきた証拠かもしれません。

さて、今回はアメリカのエイブリー・ブリューイング「ホワイトラスカル」をご紹介。

White Rascal

White Rascal

エイブリー・ブリューイングは、1993年にアダム・エイブリーがコロラド州ボルダーで設立した醸造所です。その翌年にはスタウトでGreat American Beer Festival金賞を受賞。定番では「ホワイトラスカル」をはじめ5種類、その他シーズナルなどでウェブで確認できる範囲では19種類を醸造しています。

ラスカルと聞いて思い出すのは世界名作劇場のあのアニメ。しかし、あのかわいさとはほど遠い生き物が描かれています。ラスカル(rascal)とは英語で「ならず者」「いたずらっ子」といった意味がありますが、それ以上の何かをやってくれそうな生き物です。ちなみに、「DEAD GUY ALE」などで有名なローグ(Rogue)も同じように「いたずらっ子」や「悪いやつ」のような意味があります。

さらに言うと、あのアニメのラスカルは生まれたばかりの頃、つまりいたずらも何もできない頃に、主人公スターリングによって「ラスカル」と名付けられています。実際にラスカルは成長していろいろいたずらをやらかし、名前の通りになってしまったのですが、主人公はそれを見越していたのでしょうか。

それはさておき、「ホワイトラスカル」はホワイトと名付けられているように、スタイルはベルジャンホワイトです。無濾過で酵母入り。オレンジピールの香りが漂い、口に含むとすっきりとした甘味が広がります。酸味は強くなく、甘味とのバランスが取れている印象。ラスカルというよりも優等生的な味わいで、多くの人に受け入れられやすい味だと思います。人(?)は名前や見た目で判断してはいけませんね。

【BEER DATA】
ホワイトラスカル
生産地:アメリカ
醸造所:エイブリー・ブリューイング
スタイル:ベルジャンホワイト
アルコール度数:5.6%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。