[イベント]2014.6.19

【シリーズ☆鳥取のビール事情】大山の麓でビール祭りが開催されていたのでレポート

大山枡水高原鳥取

鳥取にいるとよく思う。どうも東京にビールのイベントや情報が集中し過ぎているようだ、と。

都道府県をアイウエオ順に並べたとき、同じ「と」で並んでいるのにものすごい差がある。だが、日本の一地方だからこそ見えてくることもあるはず。いや、ないかもしれない。まぁどちらにせよ、不定期でここ鳥取からビールに関する話題を発信したいと思う。

書き手はビアジャーナリスト1期生の矢野竜広。ビール好きとビアエッセイストを自称しているフリーライターである。昨年7月、30年住んだ東京から妻の故郷である鳥取県に移住した。もうすぐ1年が経過する。震度1で地震速報が流れるこの土地にも慣れてきた。

この1年間、僕は友人たちのFacebookへの投稿を見て、何度「ぐう…」と思ったことだろう。東京では毎週のようにビールのイベントが行われ、美味しそうな食べ物やグラスがアップされていたからだ。だが、ぐうの音くらいはかろうじて出た。それは、鳥取にもビール祭りがあったからだ。

DSC_1364
DSC_1371

イベントの名は「地BeerFest大山」。大山(間違っても、“おおやま”とは発音しないで欲しい。“だいせん”である)の麓、枡水高原で年に1度開かれるビール祭りである。今年は6月14日(土)と15日(日)の2日間開催され、参加ブルワリーは、北は富山から(その表現を初めて聞いたとは言わないで欲しい)南は沖縄まで11社。約60種のクラフトビールが飲めた。今年で4回目を迎えるイベントの会場は、たくさんの人で賑わっていた。鳥取でこんな人込みを見ることはほぼない。たくさんの人がいるシーンすら、日吉津にあるイオンでしか見ることができない。

DSC_1337
DSC_1313

チケット売場の横というポールポジションを確保しているのは、地元鳥取県が誇る大山Gビールだ。今回は定番3種(ピルスナー、ヴァイツェン、スタウト)に加えて、インペリアルラガー、ヴァイスブラン、グランセゾン、八郷、強吟の計8スタイルをラインナップ。ちなみに、チケットは飲み放題券が5000円(前売り4500円)で、かなりリーズナブルと言える。というのは土曜日の場合、11時から21時までの10時間も飲み放題だからだ。なお、5杯券は1700円(前売り1500円)で1杯ごとの販売はしていない。最低5杯は飲みましょう!ということなのだろう。
DSC_1316DSC_1324
DSC_1323
DSC_1360
DSC_1362

お土産用のボトルビールはあるわ、ステージでライブが行われているわ、食べ物も充実しているわ、見上げると大山がそびえたっているわ、とにかく至れりつくれりのイベントである。フードの充実っぷりは特筆すべきかもしれない。北は名和から南は伯耆町まで(この表現は初めて聞いた人ばかりだろう)、県内の飲食店や施設が集合。肉料理を中心にビールにぴったりな料理が居並んでいる。さすが“食のみやこ”をキャッチコピーにする鳥取県だけはある。また、JR米子駅から会場の枡水高原間は、20分間隔で無料バスも出ている。さらに言うと、会場の近くでキャンプを張ることも可能(無料)。

ビール、山、キャンプ、グルメ、音楽が好きな人は「うわっ・・・鳥取、遠すぎ・・・?」とか言わず、「地BeerFest大山」に来年ぜひ来ていただきたい次第である。

DSC_1351

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01006矢野竜広

この記事を書いたひと

矢野 竜広

ビアジャーナリスト

東京から鳥取に移住したフリーライター、ビアエッセイスト。
ビール好きが高じて、『ビールの図鑑』(マイナビ)の
執筆に携わり、さらには地ビール会社にも勤務。
ビールがある人生の素晴らしさを迷文で発信している。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。