[イベント]2015.9.16

西池袋にBeer & U.K.ミュージック店「NONSUCH」オープン

NONSUCH店舗

2015年9月5日、リアルエールとU.K.ロックに力を入れるビアパブ「NONSUCH(ノンサッチ)」がオープンした。池袋のロックバー「OASIS」、ビア&ライブ店「Ale House」に続く、有限会社エールハウスが運営する3店舗目だ。
内観 (6)

カウンターの向こうに4つのタップを揃えるが、2基はハンドポンプで提供するリアルエールで、うち1基は窒素を加えるハイブリッド型だ。ハンドポンプで提供するのは「いわて蔵リアルエール」(850円、ハーフ650円)と週替わりのリアルエール(850円〜、ハーフ650円)を予定している。オープニング記念として、いわて蔵ビールとコラボレーションしたシナモンを使ったブラウンエール「My brown guitar」(900円、ハーフ700円)をオリジナルエールとして醸造した。樽生ビールは定番として「フラーズ ESB」(800円、ハーフ650円)を提供するほか、週替わりのゲストビールを用意する。

一度ハンドポンプでビールを注ぐと下部に位置するシリンダー内部にビールが残るため、温度変化が起こりやすくビールの劣化を招いてしまう。NONSUCHではビールサーバーの冷蔵部をせり上げる構造にすることでシリンダーまで冷やし、ハンドポンプの温度管理を徹底させている。
単品_6

フードは、和風と洋風の二種類が日によって変わる「牛すじのエールビール煮込み」(850円)、鮭とほうれんそう入りのホワイトソースフィルにジャガイモでフタをした「フィッシャーマンズパイ」(850円)、2、3種類が週代わりで楽しめる「今週のピクルス」(500円)など。
単品_2

店長は、エールハウス出身の鈴木規文さん。レコード店での勤務経験を持ち、U.K.ロックへの造形も深い。店名の「NONSUCH」は、イギリスのロックバンド、XTCの同名アルバムタイトルからとったもので、「比類なきもの」という意味を持つという。「比類なき一杯のビール、一曲、笑顔との出合いを提供したい」(鈴木店長)。店内では1960年代のローリング・ストーンズ、1970年代のXTCやTレックス、1980年代のスティング、スミス、90年代のオアシスなど、鈴木さんがセレクトしたUKミュージックが楽しめる。今後、DJブースを使ったイベントも予定しているとのこと。

NONSUCH(ノンサッチ)
住所:東京都豊島区西池袋5-1-6 矢島ビル2F
電話:03-3981-4811
席数:25席(カウンター8席、テーブル15席、ソファ2席)
営業時間:月〜土 19:00〜28:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。