[コラム]2015.9.16

ビールのネタ帳(24)日本人が初めて出会ったビール

ビールのネタ帳ビール王国日本のビール

知って飲めばますます美味しいビールのあれこれ。
パブで披露すれば今宵の主役はあなた!?
雑誌「ビール王国」から、ビールの小ネタをえり抜きでお送りします。

日本人が初めて出会ったビール

日本人はいつビールに出会ったのでしょう?

1724年(享保9年)の「阿蘭陀(おらんだ)問答」には「ことのほか悪しき物にて、何の味わいもなく御座候、名はビイルと申し候」と残されています。

日本酒の軟らかい味に慣れた日本人の舌には合わなかったのですね。

初めてのビール造りは、蘭学者の川本幸民が自宅の庭で文献を頼りに醸造したものと言われています。

幸民はマッチやカメラなどを日本で初めて作り、蒸気機関車や気球の研究も日本で初めて行った人物です。

醸造所ができたのは明治3年(1870年)アメリカ人のコープランドによって横浜外国人居住区につくられたスプリングバレーブルワリー(キリンビールの前身)が最初です。

それから150年足らずで日本のビールは世界に追い付くほど進化しました。

「パブで絶対にウケる! ビールのネタ帳」は雑誌「ビール王国」に掲載。
バックナンバーはこちらから購入できます。
         ↓↓↓
AMAZON「ビール王国」
楽天ブックス「ビール王国」
ステレオサウンド「ビール王国」
Fujisan.co.jo 「ビール王国」

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。

IMG_2342

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。