[イベント]2011.6.20

ロンドンの誇り。フラーズの誇り。

フラーズ醸造所は1845年に西ロンドンのチジック地区で創業した。
テムズ川沿いの醸造所は併設のパブとともに地元の誇りであり、イギリスの誇りでもある。

そんなフラーズ醸造所から国際営業部長のMichael Campbell-Lamerton氏が来日。フード・ペアリング(フード・マッチング、マリアージュ)のプロモーションが赤坂見附の「Biervana」おこなわれた。


左から
<ロンドン・プライド>
 「フルーティー・フレーバーとモルトのロースト感が心地よい。後口にはホップの苦味が優しく残る」

<ESB> 
「モルトの甘味、ロースト感、みずみずしいフルーツを連想するフレーバーが楽しめる。苦味も印象的」

<ロンドンポーター>
 「コーヒーのようなこうばしい香りと風味が広がる。ビターチョコレートのようなフレーバーも感じる」

<ゴールデンプライド>
 「熟れた果実やドライフルーツにも似た香り、モルトの芳醇な味わいが魅力的に折り重なる。8.5%のアルコール感もリッチ」


料理は中央奥から
<鯛の柑橘系サルサかけ>
ロンドンプライドと合わせる。鯛の淡泊な味わいとサルサの柑橘フレーバーがホップの風味とよく合う。

反時計回りに、
<マッシュルームとリブステーキ>
ESBと合わせる。デミグラスソースの濃厚さ、牛肉の旨味、マッシュルームのアーシィーな風味にESBのモルト感と苦味が調和する。

<ゴディバのチョコレート>
ロンドンポーターと合わせる。ともに、こうばしさ、甘味といったキャラクターを持つもの同士のペアリング。口の中でひとつにまとまる感じが絶妙。

<チーズ>
ゴールデンプライドに合わせる。リッチで芳醇なモルト感、フルーティー・フレーバー、温かいアルコール感がチーズのしっかりとした味わいにシンクロする。


左が国際営業部長のMichael Campbell-Lamerton氏。
右はアイコン・ユーロパブ社長アレン・トレバー氏。
アイコン・ユーロパブではフラーズ社商品を大きく拡売していく予定。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。