[イベント]2011.9.21

北極海経由でベルギービール?

ベルギービール輸入

先日、日本の商船会社の貨物船が、ロシアを出発して北極海を通過し、太平洋を経由して日本に到着しました。
最近の北極海は8月から9月にかけて氷で覆われない海域ができ、商船が航行できるようになってきているそうです。

通常、ベルギーから日本への航路は、

●ヨーロッパ→地中海→スエズ運河→インド洋→マラッカ海峡→日本

となります。

今回の北極海(北東航路)だと、

●ヨーロッパ→ノルウェー海→北極海→東シベリア海→ベーリング海峡→日本

となり、距離にして約7000キロ、約4割も短くなることになります。

ということで日本までの輸送日数が短くなるうえに、輸送コストも安くなります。
また赤道付近を通過しないので、もしかしたらリーファーコンテナを使わなくて済むかも。
ベルギービールの価格に直結しますね。

もうひとつ良いことがあります。
ニュース等でもよくご存知のとおり、ソマリア沖・アデン湾では最近海賊が多発、急増しています。
日本の船舶も年間約2000隻がここを通過しています。
ベルギービール輸入の際にももちろんここを通るわけですが、実は海賊対策費として「アデン湾サーチャージ」なんていうコストも支払っているのです。
喜望峰を回る航路もありますが、日数にして6日~10日、燃料費もものすごいことになってしまいます。
しかも最近ではこちらのルートにも海賊が出没するとのこと。。。
海賊の不安から開放されるのも大きいですね。

地球温暖化は問題ですが、せっかく通れるものは何とか利用できるといいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。