[イベント]2011.11.28

宮古島マイクロブルワリー

11/20、横浜の「横濱チアーズ」でおこなわれた「宮古島マイクロブルワリー醸造長を囲む会」に出席した。


高橋醸造長(左)と奥様

「宮古島マイクロブルワリー」のオーナーブルワーである高橋さんは新潟生まれ。「南の島に住みたい」というモチベーションで2008年4月に宮古島へ夫婦で移住し、2年の歳月をかけて酒造免許取得。2010年8月に「宮古島マイクロブルワリー」がオープンした。
現在は、「宮古島 とぅりば コーラルエール」 と「宮古島 とぅりば コーラルダーク」を醸造している。

当日の「チアーズ」には、宮古島の魚や宮古味噌、沖縄そばなども用意されていて、「宮古島 とぅりば コーラルエール」 や「宮古島 とぅりば コーラルダーク」とのペアリングを楽しむことも出来た。


宮古島 とぅりば コーラルダークと宮古島の魚のカルパッチョ

今回、高橋さんに会ってお話を伺って感じたことは、このような小さな醸造所が日本にもどんどん増えるともっともっと面白くなっていくだろうなぁということだ。
オーナーブルワーが自分自身の手仕事で、自分自身の造りたい(飲みたい?)ビールを醸造していくことがクラフトビールの原点だと感じた。

パブも併設されているので、宮古島を訪れる際は是非とも覗きたいところである。
営業時間は4月~11月は金・土・日で12月~3月は土・日。時間は15時から日没まで。というザックリ感も南の島っぽくて魅力的だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。