[イベント]2012.2.7

本当に必要?日本人の為の「ロンドン・パブ・エール・ガイド」執筆中-その2

東京都内のブリティッシュパブで勤務ののち、ロンドンに4年間在住し、現在は台北市でバーテンダーをしている稲葉智章(いなばともあき)氏が、現在「ロンドン・パブ・エール・ガイド」の原稿を執筆中です。

その内容の一部を抜粋し、掲載しますので御覧ください。

また、フェイスブック本当に必要?日本人の為の「ロンドン・パブ・エール・ガイド」執筆中にも多数の写真が出ていますのでぜひ御覧ください。

パブ名
Cittie of Yorke

住所
22 High Holborn, Holborn, London WC1, WC1V 6BS

営業時間 
月曜日から金曜日 11:30 から 23:00
土曜日 12:00 から 23:00
日曜日 休み

最寄り駅
Chancery Lane

主なビールの種類
Samuel Smith’s

解説
この場所には1430年には既にInn(宿屋)があり、1695年に「The Gray’s Inn Coffee Shop」ができた。17世紀半ばにイギリスにコーヒーが広まりだし次第にファッショナブルな飲み物として人気が出る。1923,4年に改装、豪華なジン・パレスへのリアクションから生まれたPUBの形がここにある。教会のホールように広く、高い天井には梁があり、古き良きチューダー建築を見ることが出来る。そしてロンドンでもっとも長いと言っても嘘にならないバーカウンター、その頭上には大きなオーク樽がいくつも配置されている。カウンター向かいには7つの個室のような席があり、その昔、弁護士とそのクライアントの密会に使われていたとか。この様なデザインはブリティッシュPUBとしては珍しいが北アイルランドでは見ることが出来る。

続きは、ブログ『本当に必要?日本人の為の「ロンドン・パブ・エール・ガイド」執筆中』でご覧いただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。