[ブルワー,新商品情報]2017.11.10

4年ぶりに登場! 長期熟成も可能な「馨和 KAGUA」Rouge Special Edition 2017 11/13(月)より発売開始

Far Yeast Brewing「馨和 KAGUA」「馨和 KAGUA」 Rouge Special Edition 2017

“Democratizing beer”-「産業化によって画一的な大量生産商品になってしまったビールの多様性と豊かさをもう一度取り戻す」、というミッションのもとに活動している「Far Yeast Brewing株式会社」。11/13(月)より5年間の長期熟成が可能な「馨和 KAGUA」Rouge Special Edition 2017が発売されます。

このビールは「馨和 KAGUA」Rouge をベースとしながら、熟成に向いた酵母を使用して醸造された「馨和 KAGUA」の2017 年限定醸造品です。大好評を博した「馨和 KAGUA」Rouge Special Edition 2013以来、4年ぶりの醸造です。より重厚な香りと11%のハイアルコールが特徴で、5 年間の長期熟成が可能となっています。

2種類の酵母「ワイン酵母」と「アビィ酵母」に加え、スモークドモルトを使い、樽香を思わせる燻製香がまろやかな味のアクセントで、特別なシーンにぴったりとのこと。

以下、商品概要です。

【商品概要】

商品名 :「馨和 KAGUA」Rouge Special Edition 2017

販売開始日 :2017 年11 月13日(月)(在庫が無くなり次第終了)

価格 :オープン価格

原材料 :大麦麦芽、ホップ、ビール酵母、糖類、ゆず、山椒

アルコール度 :11.0%

スタイル・特徴 :ゆずと山椒を香り付けに使用し、どっしりとしたボディが楽しめるベルジャンストロングダークエール

仕様 :20L 樽及び330ml ボトル及び750ml ボトル

※「馨和 KAGUA」Japanese Citrus Saison は、柚子と山椒を副原料に使用しているため日本の酒税法上の表記は「発泡酒」です。

※発泡酒ではありますが、麦芽比率や製法などはビールと同一であり、税率もビールと同一です。

※生産地であるベルギーはじめ多くの国の基準では「馨和 KAGUA」はビールと表示されるため、海外市場においては、ビール(Beer)として販売しております。

公式ストアページにおいて、ご注文のご予約を受け付けます。

「馨和 KAGUA」 Rouge Special Edition 2017 330ml ボトル 6 本セットご予約ページ

https://faryeast.stores.jp/items/5a017d68428f2d4948000914

「馨和 KAGUA」 Rouge Special Edition 2017 750ml ボトル 1 本 ご予約ページ

https://faryeast.stores.jp/items/5a0181a0428f2d4932000a84

お届けは11 月中旬頃を予定しております。別の商品と一緒にお買い求めいただいた場合、こちらと同時にお送り致します。

【「馨和 KAGUA」について】

「和の食卓に映えるかぐわしさ」をコンセプトに企画したオリジナルレシピ(調合)で、日本を象徴するハーブである柚子と山椒を使い、パートナーであるベルギーの委託醸造所で醸造しています。

小麦を使った淡色上面発酵の「Blanc」と、ロースト麦芽を使った濃色上面発酵の「Rouge」の2つのラインナップがあり、白ワインと赤ワインのように料理との相性によって楽しむことができるのが大きな特徴です。

ミシュランガイドで星を獲得している有名人気店をはじめとして、海外の高級ホテル・レストランなどでもお取り扱いいただいております。

●「Far Yeast Brewing株式会社」の記事はこちらから

◆お問い合わせ先

Far Yeast Brewing株式会社

TEL:080-4956-0896

担当:村田 Email:faryeast@faryeast.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をキャッチフレーズに日本のビールを応援する活動を行っている。時間をつくっては実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想い聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは700種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」を連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。