[イベント]2013.8.13

8/31 「クラフトビアミーティングvol.08:パブ飲み・家飲みの極意!」開催

クラフトビアミーティング野田幾子麦酒倶楽部ポパイ

五感で味わうビア講座「クラフトビアミーティング 入門編」、8/31(土)にvol.08を開催します。

テーマは「パブ飲み・家飲みの極意!」。今回は、「ビアパブの楽しみ方」「スタイルで異なる美味しいビールの注ぎ方~注ぎ方を間違えると渋み増量!?」の二部構成を予定しています。

ポパイイメージ写真

今年6月、都内近郊のビアバー・ビアパブを紹介している書籍『極上のクラフトビールが飲める120店』(http://www.amazon.co.jp/dp/4047290440)を刊行しました。タイトルからもわかるように、近年のビアバー・ビアパブの増加には目覚ましいものがあります。では、仮にビアパブに行った場合、どんなクラフトビールの楽しみ方があるでしょうか。前半の「ビアパブの楽しみ方」で、クラフトビールを注文する順番による印象の違いや、メニューに書かれた注目ポイントなどを挙げていきます。

後半の「スタイルで異なる美味しいビールの注ぎ方」では、スタイルの異なるビールを2種類、実際に注いでいただきます。注ぎ方が異なれば、ものによっては渋みが前面に出てしまうことがあるのを、ご存知でしたか? 今回のクラフトビアミーティングでは、実際にその違いを味わっていただきます。もっとも、皆様にお配りするボトルビールはスタイルに合わせた“ビールの美味しさを最高に引き出す”注ぎ方をエキスパートが指南しますので、どうぞご安心ください。

ブルワーさんが精魂込めてつくってくださったクラフトビール。お店でも家でも存分に楽しめるスキルを身につけたいものですね。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

なお、次回のクラフトビアミーティングvol.09は、9月後半を予定しています。

  • 日  時 :8月31日(土) 13時~15時 *これまでより1時間早い開始時間となります*
  • 場  所 :麦酒倶楽部ポパイ 東京都墨田区両国2-18-7
  • ■ T  E  L  :03-3633-2120
  • 参 加 費  :3500円(6銘柄のビール付き。うち2銘柄はボトルビール)
  • 電話でのご予約   :03-3633-2120(麦酒倶楽部ポパイ担当:城戸)
  • メールでのご予約beerclubpopeye.kido@gmail.com
  •    →お名前、電話番号、メールアドレス、参加人数(同行者のお名前)をお書き添えください。
  • 定員40名:予約制

講師:野田幾子      ビアジャーナリスト

野田幾子さん

1994年にベルギービール、1996年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、周りにクラフトビアの普及活動を開始。2007年にビアバー・ビアカフェを紹介したムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を担う。その後、2010年まで毎年シリーズを刊行、2013年6月、『極上のクラフトビールが飲める120店』刊行。2010年、日本ビアジャーナリスト協会設立。同副会長。共著に『ビールの図鑑』(共著・マイナビ刊)など。

主  催 :NPO法人 日本の地ビールを支援する会

 

ビアジャーナリスト二期生 宮原佐研子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原 佐研子

この記事を書いたひと

宮原 佐研子

ビアジャーナリスト/ライター

ビアLover 宮原佐研子です。 ビールの大好きなトコロは、がぶがぶ飲める、喉こし最高、大人の苦味、世界中でも昼間でも飲める、 果てしなくいろんな味わいがある、そしてぷはぁ〜っとなれる、コトです。
ライターとして、雑誌『ビール王国』(ワイン王国)/『うまいビールの教科書』(宝島社)/『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、ぐるなびグルメサイト ippin キュレーター など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。