[イベント,ブルワー]2013.9.13

9/14(土)正午から「ベルギービールウィークエンド」で「カンティヨン・ズワンズ・デ―」開催。飲み逃すと二度と飲めない一期一会のビール!

カンティヨン・ズワンズベルギービールウィークエンド

9/14(土)正午から「ベルギービールウィークエンド」で「カンティヨン・ズワンズ・デ―」が開催されます。

「カンティヨン・ズワンズ」は、毎年カンティヨン醸造所が“遊び”で造る限定商品に付けられる名前です。
ちなみに、ズワンズとはベルギーで「ユーモア、冗談、悪ふざけ」といった意味で使われる言葉です。

そして、この「カンティヨン・ズワンズ」を毎年世界中で同じ日に開栓するのが「ズワンズ・デー」なのです。
今年の「ズワンズ」は、日本ではこの日のこの時間(9/14の正午から13:30)にしか飲むことが出来ず、飲みきり御免のイベントです。その後は二度と飲むことはできません。

なお、今年のズワンズは以下のようなストーリーで造られたものです。

zwanze1

2年前にカンティヨン醸造所を修理した際、古い壁の跡が発見された。
この歴史跡をブリュッセルの中世専門家と相談しながら考古学者に託したところ、驚くべきことに「カンティヨン醸造所は旧クールゲム修道院跡の上に建っていた」ということがわかった。
さらに、大修道院長の部屋を探したところ古いレシピが発見された。
そして、このレシピから2012年の3月、アビースタイルのビールを醸造したのが今年の「カンティヨン・ズワンズ」である。

工程は4週間の発酵ののち、ランビックを10%加え、400リッターの樽に移し、6か月熟成させ、樽詰めしさらに二次発酵させたという。
アルコール度数は7.2%である。

通常は自然発酵ビールが造られている環境の中で上面発酵ビールのアビービールがどのように仕上がるのか?
ランビックが加えられ、熟成される間にどのような変化が起きるのか?
興味は尽きない。

ビールは上記の方法で仕上げられたことに嘘偽りはないが、「ズワンズ」という言葉の意味を思い出すと、はたして修道院のストーリーはどこまで信じて良いものやら…。

とにもかくにも、「カンティヨン・ズワンズ2013」は一期一会。
チャンスは一度。
9/14(土)の正午に飲んでみるしかないということである。

*このイベントは先着50名のイベントで、予約が必要です。参加費は1名2000円(税込)。お申し込みは「ベルギービールウィークエンド」の小西酒造ショップで受け付けています。情報では、若干の残席アリとのことです。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。