[イベント]2013.11.12

CBM vol.10:コエドブルワリーを味わい尽くそう 12/7開催

COEDONADOコエドナドコエドビールコエドブルワリー

五感で味わうビア講座「クラフトビアミーティング(CBM)入門編」、12/7(土)にvol.10を開催。「ブルワリー・味わい尽くし」と称し、国内のブルワリーに焦点をあてたシリーズを始めます。
今回は、埼玉県川越市の「コエドブルワリー」特集。米国サンディエゴのコロナドブーイング×コエドブルワリーがコラボレーションした、提供期間・数量限定、ダーク・ストロング・エール「COEDONADO(コエドナド)」もご用意してお待ちしております。

CBM10_コエドブルワリーを味わい尽くそう!

CBM入門編 vol.10 コエドブルワリーを味わい尽くそう! 限定ビールも待ってます☆

「ブルワリー・味わい尽くし」シリーズは、回ごとに、ひとつ(または2つ)の醸造所を特集。そこで造る銘柄をいただきながら、ブルワリーやブルワーさん、ひとつひとつの銘柄が持つヒストリーやストーリーをご紹介するシリーズです。回によっては、醸造所の方に直接質問できるチャンスがあるかもしれません!

ブルワーやビールへの理解が深まると共に愛着が生まれ、新しい魅力も発見できるでしょう。液体の色や香り、味に秘められたストーリーを、ぜひクラフトビアミーティングで「体感」してください。こちらで味わったビールを街やビアパブで見かけた際には、これまでとは違う印象を持つに違いありません。

CBM vol.10で取り上げる、「コエドブルワリー」が醸造・販売するのは「コエドビール」。「COEDO」のロゴ入り缶を、スーパーなどでよく見かけますよね。もちろん、「晩酌用」として毎晩愛飲されている方も多くいらっしゃるでしょう。

コエドビール(株式会社協同商事 コエドブルワリー、1982年創業)は、有機野菜に特化した産地直送商社が母体であることから、長年地域の農業に根ざしたビール作りを行っています。現在ではクラフトビールファン以外にも知られるほどの人気ですが、2007年に「紅赤」と「瑠璃」がモンドセレクション最高金賞同時受賞でデビューするまでは、試行錯誤の日々がありました…。

コエドビールのレギュラーラインアップは、
「COEDO 紅赤 -Beniaka-」「COEDO 瑠璃 -Ruri-」「COEDO 伽羅 -Kyara-」「COEDO 白 -Shiro-」「COEDO 漆黒 -Shikkoku-」の5種類。今回はさらに、米国・サンディエゴの醸造所、コロナドブルワリーとのコラボレーションで生まれた、提供期間・数量限定のダーク・ストロング・エール「COEDONADO(コエドナド)」もご用意します。お楽しみに!

クラフトビールに詳しくない人もわかりやすいよう、ビアスタイルの説明や、コエドビールが造るビアスタイルに近い別の銘柄の紹介、ビールに合うお料理などのお話も。とにもかくにも、コエドビールの魅力にどっぷり浸れる2時間です。皆様のお越しを心よりお待ちしています。


なお、次回のクラフトビアミーティングvol.11は、1月後半を予定しています。


■日時:12月7日(土) 13時~15時 *これまでより1時間早い開始時間となります*

■場所:麦酒倶楽部ポパイ 東京都墨田区両国2-18-7 

■TEL:03-3633-2120

■参加費:3500円(10銘柄のビール付き)

■定員40名:予約制

■電話でのご予約:03-3633-2120(麦酒倶楽部ポパイ担当:城戸)

■メールでのご予約:beerclubpopeye.kido@gmail.com
 
 →お名前、電話番号、メールアドレス、参加人数(同行者のお名前)をお書き添えください。



■講師:野田幾子 
ビアジャーナリスト。
1994年にベルギービール、1996年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、周りにクラフトビアの普及活動を開始。2007年にビアバー・ビアカフェを紹介したムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を担う。その後、2010年まで毎年シリーズを刊行、2013年6月、『極上のクラフトビールが飲める120店』刊行。2010年、日本ビアジャーナリスト協会設立。同副会長。共著に『ビールの図鑑』(共著・マイナビ刊)など。
■主催:NPO法人 日本の地ビールを支援する会



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。