[イベント]2013.12.2

世界最強のビール、記録更新!!

2013年11月、世界で最もアルコール度数が高いビールの記録が更新されました!!
スコットランドの醸造所ブリューマイスター社の「Snake Venom(ヘビ毒)」
このビールのアルコール度数は、67.5度にも上ります。

長年、ギネスブックに載せられていた高アルコールビールはオーストリアの「Samichlaus(サンタクロース)」(14度)でしたが、2005年に米国のボストンビール社が「Utopias(理想卿)」(24度)を発表すると、最強ビールの座をめぐる戦いが勃発しました。

2009年にスコットランドのブリュードッグ社が「Tactical Nuclear Penguin(戦術核ペンギン)」(32度)を投下すると、
ドイツのショルシブロイ社が「Schorschbock40」(40度)で応戦。
ブリュードッグ社は「Sink the Bismark(ビスマルクを沈めろ)」(41度)、
「The end of History(歴史の終わり)」(55度)という挑発的なネーミングで返します。

歴史を再スタートさせたのは、オランダのクールシップ社「Start the Future(未来の始まり)」(60度)でした。

2012年11月、スコットランドのブリューマイスター社が「Armageddon(世界滅亡の日)」(65度)をリリースし、
最強ビールを巡る戦いに終止符が打たれたかと思われました。

しかし“世界の滅亡”を覆したのは、またもやブリューマイスター社でした。
客に「Armageddonは弱すぎる」と言われたことをきっかけに、さらに強いビールを開発し、
2013年11月に「Snake Venom(ヘビ毒)」(67.5度)を発表しました。
スコットランド、英国、フランスのビールの祭典でお披露目され、注目が高まっています。

ボトルのネックには「Warning(危険)」の黄色い札が貼られています。
醸造者のひとり、ルイス・シャド氏によると、
「高アルコールを感じない味わいだが、飲み過ぎは危険だ。一度に飲むのではなく1回につき35ml以下、8回以上に分けて飲んで欲しい」とのこと。

そんな甘美な毒、ぜひ味わってみたいところですが
お値段もなかなかなもので、275mlのボトルが50ポンド。
高額ですが、ふざけて飲んでアルコール中毒になる人を出さないための価格設定なのだとか。

“ヘビ毒”が注目されることによって
高アルコールビールを巡る戦いはまだまだ続くと思われます。
この記事が「古い」と言われるのも時間の問題やもしれません。
各社のネーミング合戦にも期待したいと思います。

Brewmeister公式ホームページはこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』、『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。